293項目を追加・改良

管理機能を強化した「PostgreSQL 8.4」リリース

2009/07/02

 PostgreSQLグローバル開発グループは7月1日、オープンソースのデータベースソフトウェア「PostgreSQL」の最新版、「PostgreSQL 8.4」をリリースした。前バージョンの8.3から約1年半ぶりのメジャーバージョンアップで、293項目に上る機能追加・改良が施されている。

 PostgreSQL 8.4では、特に管理・監視系機能が強化された。例えば、新たなクエリモニタリングツールによってクエリの状況をより詳細に把握できるようになったほか、クエリのロードやデッドロックを監視できるツールが加わった。さらに、カラム単位でパーミッションを設定できるようになったため、顧客情報などのセンシティブなデータに対するアクセスコントロールをきめ細かく行えるようになる。

 ほかに、リストアの並列処理をサポートし、バックアップからのリカバリに要する時間が8倍に高速化した。ウィンドウ関数や共通テーブル式、再帰結合といったANSI SQL 2003機能もサポートされている。

 PostgreSQL 8.4はBSDライセンスの下で公開され、FreeBSD/Linux/Mac OS X/Solaris/Windows版がダウンロードできる。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Database Expert フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「コンテンツのメディア離れ」が進む中で日本企業がこれからすべきこと――PwC調査
「パーソナライズされる世界」でエンターテインメントとメディアの未来はどうなるのだろ...

Amazon Alexa対応新型「Fire TV Cube」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

国内スタートアップ資金調達金額、2019年1〜8月首位はフロムスクラッチ――フォースタートアップス調べ
大型資金調達に成功している国内スタートアップの現状です。