計算処理は0.12ドル/時間、ストレージは1GB1カ月で0.15ドル

クラウドサービス「Azure」の価格体系が発表

2009/07/15

 米マイクロソフトは7月15日、Windows Azureプラットフォームの価格体系を発表した。計算リソースを使う「Windows Azure Compute」が1時間0.12ドル、ストレージサービスの「Windows Azure Storage」が1GB・1カ月で0.15ドル。Azure Storageは1万トランザクションに対して0.01ドルの課金も発生する。

 データベースサービスなどを提供する「SQL Azure」は「Webエディション」と「ビジネスエディション」の2種類がある。Webエディションは容量1GBまでで月額9.99ドル。ビジネスエディションは10GBまでで月額99.99ドル。

 アクセス制御やメッセージバスをクラウド上のサービスとして提供する「.NET Services」は、アクセストークンを含めて10万メッセージの処理に0.15ドルの課金となる。

 Windows Azure StorageやSQL Azure、.Net Servicesなどのサービスには、データ転送の帯域課金として、1GBの転送に対して一律0.10ドル(入力)、0.15ドル(出力)がかかる。また日本を含む各国・地域の現地通貨でもサービスを提供していく。

 このほか、従量課金ベースではなく、ミニマムチャージとして固定料金を支払うサブスクリプションモデルについても、提供を予定しているという。また、ストレージサービスについては99.9%のアップタイムを保証するほか、外部からのリクエストに応じる“ロール”(利用者のリクエストに応じるHTTPサーバなど)を2つ以上用意した場合には99.95%のアップタイムを保証するという。Azureプラットフォームでは計算処理を行うワーカーロールも含めて、すべてのロールを監視しており、プロセスが停止した場合には最大でも2分以内に修正処理を起動させることが可能という。

情報をお寄せください:

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える

キャリアアップ


- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...

SNSマーケティングの「中と外」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにして不定期で...

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...