無償アセスメントや管理者教育も

Red Hatと日本IBM、SolarisからLinuxへの移行支援

2009/07/15

 レッドハットと日本IBMはは7月15日、Solarisを利用する企業ユーザーを対象に、「Red Hat Enterprise Linux」を搭載したIBMサーバへの移行を支援するプログラム「Red Hat Advanced Migration Program powered by IBM」(RAMP-I)の提供を開始した。プログラムの提供開始に伴い両社は、営業活動やコンサルティング、サービスの提供を共同で行うためのプロジェクト・チーム「RHEL移行支援オフィス」を発足させる。

 「RAMP-I」では、移行効果の無償アセスメントから、システム構築のためのコンサルティングや移行・検証・構築サービス、支払いに関する金融サービスや移行後のシステム管理者育成まで、包括的に支援する。システム要件に応じて、IBM製のx86サーバ、ブレード・サーバ、メインフレームなどが選べる。移行に際して仮想化によるサーバ統合も可能。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。