両社はそれぞれの事業で展開

NTT ComとNTTデータ、SaaS事業者向けサービス基盤を共通化

2009/07/29

 NTTコミュニケーションズ、NTTデータ、NTTの3社は7月29日、SaaS事業者向けの共通基盤サービス機能群を開発したことを発表した。

 NTT Comは「BizCITY for SaaS Provider」でセールスフォース、サイボウズなどのサービスに対する統合的な決済や認証の基盤を提供している。一方NTTデータも「VANADIS SaaS Platform」で、NTTグループや他社のSaaSに対する同様な機能を提供してきた。

 今回、共通基盤サービスが開発されたことで、2社のサービスにまたがる統合認証や、決済機能の一本化が期待できる。ただし、両社のSaaS事業者向け基盤サービス自体を一本化するという発表はなされていない。それぞれのサービスを今後も展開しながら、機能の共通化を進めていくことになる。

ntt01.jpg 共通機能を使ったNTT ComとNTTデータの事業展開

 共同開発された「SaaS基盤共通機能群」は次のとおり。

  • 認証基盤(多要素認証、シングルサインオン、ID管理)
  • SaaSポータル(エンドユーザーに提供するアプリケーション販売・決済用のポータル)
  • 料金回収代行(NTT ComのVPNサービスとSaaSの請求の一本化)
  • マルチペイメント/クレジット決済
  • ネットワークゲートウェイ(SaaS事業者とNTT Comのネットワークサービスの接続)
  • Webシステム構築(NTTデータグループ開発のアプリケーションサーバや業務コンポーネント、アプリケーションをパッケージ化)

 NTT Comはこれらの機能のうちネットワークゲートウェイや料金回収代行などの機能をすでに提供している。これに加え、認証基盤機能を8月より提供するほか、SaaSポータルなどの機能を順次提供開始する。

 NTTデータは今回の基盤共通機能群を活用し、さまざまな用途のSaaSサービスを順次提供開始する。これには、NTTデータグループにおける、税関連の情報を扱うアプリケーションを中心とした「Bizplat」、企業向けERPを中心とした「Biz∫」、地図情報をベースとした「MaDoRE」などがある。

 また、今回の基盤共通機能群と、NTTデータグループのHaaS(IaaS)機能を組み合わせたPaaS事業を展開していく。まず年内をめどに、NTTデータグループにおけるSaaSビジネスに適用することから始めるという。

関連リンク

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。

バレンタインデーにお菓子を手作りする理由 「愛の告白」はわずか0.5%――クックパッド調査
バレンタインデーに「愛の告白」は絶滅の危機にあるそうです。