USAGIの吉藤氏、TOMOYO Linuxの原田氏らも登壇

Linusだけじゃない、秋のLinux会議は主要開発者が勢ぞろい

2009/08/07

 The Linux Foundationは8月7日、10月21日から23日に開催される「第1回Japan Linux Symposium」のプログラム詳細を発表した。

 Japan Linux Symposiumは、Linuxやオープンソースソフトウェアの開発者や利用者が一堂に会し、連携を促進することを目的に開催されるカンファレンスだ。すでに、初日には、Linuxの生みの親であるリーナス・トーバルス氏、Rubyの創始者であるまつもとゆきひろ氏、「ウィキノミックス」の共著者であるアンソニー・ウィリアムズ氏らの基調講演が行われることが発表されている。

 詳細プログラムによると、このほか、LWN.netを運営し、カーネル開発にも貢献しているJonathan Corbet氏、SCSIサブシステムのメンテナを務めるノベルのJames Bottomley氏が基調講演を行う。さらに、USBサブシステムのメンテナでもあるGreg K-H氏、Btrfsの開発者であるChris Mason氏らが特別講演を行う予定だ。また日本からは、IPv6のLinux実装をリードした慶応大学の吉藤英明氏、Linuxのセキュリティを強化する「TOMOYO Linux」の開発プロジェクトを率いたNTTデータの原田季栄氏などが登壇し、講演を行う。

 さらに、ビジネスと開発コミュニティの関係について討議する「Developer/Business Panel」と、今後のLinuxの方向性をテーマとする「Kernel Panel」という、2つのパネルディスカッションが行われる予定だ。そのほかのセッション詳細などは、Japan Linux Symposiumのページで確認できる。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。