クラウドサービスを組み合わせて提供

米IBM、Ubuntuベースのデスクトップパッケージを販売

2009/10/21

 米IBMは10月20日、英カノニカルが提供するLinuxディストリビューション「Ubuntu」をベースとしたデスクトップソフトウェア「IBM Client for Smart Work」を提供することを発表した。同社は2008年8月に、カノニカルを含む複数のパートナーと提携し、マイクロソフト製品を含まないデスクトップ向けPCを提供する計画を明らかにしていた。

 IBM Client for Smart Workは、Ubuntuをベースに、IBMが提供する無料のオフィススイート「Lotus Symphony」や「Lotus Notes」のメール機能、さらには各種クラウドサービスを利用できる企業向けのパッケージ製品だ。

 利用可能なクラウドサービスとしては、Webメールサービスの「LotusLive iNotes」(料金は1ユーザー当たり月額3ドルから)、オンラインコラボレーションツールの「LotusLive.com」(同じく月額10ドルから)が用意される。さらにいくつかの企業は、米バーチャル・ブリッジが提供するデスクトップ仮想化ソフト「VERDE」を組み合わせ、IBM Client for Smart Workを仮想デスクトップとして提供するサービスを展開する。

 同社はIBM Client for Smart Workにより、マイクロソフトのWindows 7を導入する場合に比べ、ハードウェアの増強が不要なだけでなく、ソフトウェアコストを最大50%削減できるとしている。また、シンクライアントや安価なネットブックでも導入可能という。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

3万円で始めるウェビナー 配信ツールをどう選ぶ?
まずはスモールスタートで。今回は、ウェビナーを実施するための体制や必要な環境につい...

有料化直後のドラッグストアでは「レジ袋購入しない人」が約8割――True Data調べ
2020年7月1日からレジ袋を有料化したドラッグストアの実購買データを調査。

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...