ルートキット対策機能も統合

ソフォス、エンドポイントセキュリティ製品にDLP機能を追加

2009/10/21

 ソフォスは10月20日、企業向けエンドポイントセキュリティ製品の最新版「Sophos Endpoint Security and Control 9」を発表した。マルウェア対策機能に加え、情報漏えいを防止する機能を搭載したことが特徴だ。

sophos01.jpg

 Sophos Endpoint Security and Controlは、ウイルス/スパイウェア対策をはじめ、パーソナルファイアウォールやIPS、USBなどのデバイス制御機能などを搭載した総合セキュリティソフトウェアだ。WindowsだけでなくMacintoshやLinux、UNIXなど多数のプラットフォームに対応していることが特徴で、専用管理コンソール「Enterprise Console」を通じて一元管理できる。

 新バージョンでは、これまでスタンドアロンで提供してきたルートキット対策機能を統合し、マルウェア対策を強化した。

 また、「Data Control」と呼ぶDLP(情報流出防止)機能も搭載している。ソフォスのセキュリティ研究機関であるSophosLabsが、個人情報に当たるデータを定義する「CCL(Content Control List)」というデータを定期的に配布することで、「クレジットカード番号が5件記されたExcelファイルをメールに添付して送信しようとしたら検知する」「電話番号が10件含まれたファイルをアップロードしようとしたら検知する」といったルールを徹底することができる。カスタマイズを加えれば、価格表など機密性の高い情報の流出も検出可能だ。

 ソフォスの代表取締役 堀昭一氏は、「技術の進展に伴い、モバイルワーカーが増加している。また、パートナーや契約を結んだ企業など、自社のデータにアクセスするのは社員だけではなくなってきている」と述べ、こうした環境において、情報漏えい対策の必要性がますます高まっているとした。

 Sophos Endpoint Security and Control 9の価格は、100ユーザー時で1ユーザー当たり年額5200円。暗号化機能も加えた「Sophos Endpoint Security and Data Protection」は同じく100ユーザー時で1ユーザー当たり年額6240円。

 ソフォスは同時に、企業ゲートウェイ向けの電子メールセキュリティ製品「Sophos Email Security and Data Protection」の機能も強化した。従来から提供してきたアンチウイルス/アンチスパム機能に加え、メール本文および添付ファイルをPDF形式に変換し、暗号化する「Sophos SPX(Secured PDF Exchange) Encryption」機能を追加。クライアント側に専用の暗号化ソフトウェアを導入することなく、ゲートウェイ側で一括して暗号/復号化を行うことができるという。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH