シスコとEMCは合弁企業を設立

“Cisco, EMC with VMware”、3社が微妙なアライアンス

2009/11/04

 米シスコシステムズ、米EMC、米ヴイエムウェアは11月3日(米国時間)、3社の協業を発表した。3社は「Virtual Computing Environment coalition」(VCE連合)という共同活動を推進する。また、シスコとEMCはAcadiaという合弁企業を設立したと発表した。

 “VCE”は、3社の頭文字とも符合する。もっともニュースリリースでは「Cisco, EMC and VMware」ではなく「Cisco and EMC, together with VMware」と、ヴイエムウェアの発表主体としての位置付けを弱めた微妙な表現になっている。またAcadiaの主要投資企業はシスコとEMCであり、「2010年におけるグローバルな事業拡張に向けて、ヴイエムウェアとインテルが投資を実施している」という表現になっている。

 VCE連合は、最初の製品として、3社のプライベートクラウド構築に適した製品を統合したパッケージソリューション「Vblock Infrastructure Package」を提供していくという。Vblock Infrastructure Packageは、企業が社内で構築・運用する、あるいはサービス事業者が1社のために構築、運用するプライベートクラウド環境のためのソリューション。規模別に、以下の3種のソリューションを提供する。

Vblock 2

提供中。3000〜6000台の仮想マシンをサポートする。シスコのUnified Computing System(UCS)、Nexus 1000v、MDS、EMCのSymmetrix V-Max、VMware vSphere 4で構成。

Vblock 1

提供中。800〜3000台の仮想マシンをサポートする。シスコのUCS、Nexus 1000v、MDS、EMCのCLARiX、VMware vSphere 4で構成。

Vblock 0

2010年に販売開始予定。300〜800台の仮想マシンをサポートする。シスコのUCS、Nexus 1000v、EMCのUnified Storage、VMware vSphereで構成する。

 3社は共同のプリセールス、プロフェッショナルサービス、サポート活動を行っていく。また、システムインテグレータやサービス事業者、チャネルパートナー、ソフトウェアベンダと協力して、同連合の活動を拡大していくという。

 シスコとEMCの合弁企業Acadiaは、2010年に本格的な活動を開始する。サービス事業者と大企業を対象とし、「構築、運用、移管」モデルに基づいてVblockアーキテクチャの構築を加速化するとニュースリリースでは表現している。これは、Arcadiaがまず顧客のニーズに基づいてサーバ、ストレージ、スイッチを組み合わせて仮想化環境を構築し、利用開始当初の運用を担当して、安定的な稼働が確認されてから顧客に引き渡すビジネスモデルであると想像される。

関連リンク

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

リモートワークや時差出勤の導入状況を企業IPアドレスへの接続状況で読む――インティメート・マージャー調査
ゴールデンウイーク明けは全国的に企業IPアクセス数の割合が増えています。ということは...