クラウドのエンタープライズ利用を支援

サン、Amazon S3にも使える暗号化ツールなどを発表

2009/12/21

 サン・マイクロシステムズは12月21日、クラウド向けのセキュリティ機能を4つ発表した。1つはAmazon Web Servicesが提供するVPNサービス「Amazon VPC」(Virtual Private Cloud)に対応するツール「OpenSolaris VPC Gateway」。Amazon VPCは、企業のITシステムと、AmazonのクラウドをVPNで接続するサービスだが、これまでゲートウェイとして明示的にサポート用ドキュメントやツールが用意されていたのはシスコとジュニパーのスイッチ利用者に限られていた。サンのOpen Solaris VPC Gatewayは、顧客企業側のサーバで利用をゲートウェイに仕立てられるOpenSolaris向けソフトウェア。Amazon EC2 APIに対応するツールも用意する。

 発表した2つ目のツール「Immutable Service Containers」(ISC)は、Solaris ZFS、Solarisコンテナ、Solaris IP Filter and Auditingなど、OpenSolaris OSのセキュリティ機能を組み込んだ仮想マシン向けアーキテクチャおよびAmazon EC2向けイメージ。セキュリティ保護とモニタリング機能を持つ仮想マシンが利用できるという。

 3つ目のツール「Security Enhanced Virtual Machine Images」(VMIs)は、Immutable Service Containerプロジェクトから生まれた技術を使ってAmazon EC2用にサンが構築した仮想マシンのイメージ。単なるOSだけでなく、Solaris OS上にApache 2.2、MySQL 5.1、PHP 5.2、phpmyadmin 3.2.2などをインストールした仮想マシンイメージや、オープンソースのコミュニティサイト構築ツール「Drupal」をインストール済みのOpenSolaris OSの仮想マシンイメージを提供する。これらの仮想マシンは、実行不可スタック、暗号化スワップ、デフォルトで有効な監査機能などを取り入れているという。

 4つ目のツール「Cloud Safety Box」は、Amazon S3をはじめとするクラウド・ストレージに対して、暗号化、圧縮、分割などの処理を自動化するツール。Amazon S3はシンプルなデータ保存サービスであるため、これまで暗号化処理などはユーザーに任されていた。Cloud Safety Boxは、Solaris、OpenSolaris、Linux、Mac OS Xに対応するという。

 今回発表したツールはオープンソースで提供しているほか、Amazonのサービスに限定して対応するものではなくEucalyptusや、その他大手ベンダのクラウド製品にも対応するという。また、この取り組みに合わせてサンは、Cloud Security Allianceの最新セキュリティ・ガイダンス「Guidance for Critical Areas of Focus in Cloud Computing」(Version 2.1)への支持を表明した。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

シニアのショッピングがスマホ化 50代後半の3人に1人、60代前半の5人に1人が利用 ――ビデオリサーチ調べ
シニア層のスマホ利用はネットショッピングにも拡大。キャッシュレス化も進んでいるよう...

パルコが進めるリアル店舗の顧客行動分析、セレンディピティーを呼ぶ「DAPCサイクル」とは
店舗のデジタル化で顧客体験はどう変わるのか。そして、その先に待つショッピングセンタ...

アジア太平洋地域の中小企業における顧客サービスのトレンド――Genesys調査
アジア太平洋地域13カ国のビジネスおよびITの意思決定者400人を対象に行った実態調査です。