物理環境も含めた統合管理を簡単に実現

CTCSPがノベルの管理製品群で仮想化支援

2010/02/01

 シーティーシー・エスピー(CTCSP)とノベルは2月1日、CTCSPがノベルの仮想化管理製品群を採用した企業の仮想化技術導入支援サービスを開始したことを発表した。複数の仮想化環境を、仮想化しないシステムも含めて、統合的に運用できる仕組みを簡単に導入・展開できるようにするのがこのサービスのポイントだ。

 CTCSP は、ユーザー企業でのサーバ仮想化導入・展開に際し、仮想化のためのシステムアセスメント、仮想化システムの実装とデータの移行、システム継続に必要なデータ保護、仮想化環境の冗長化の各サービスを定型・定量メニュー化し、ワンストップで提供するという。具体的には以下のサービスを提供する。

  • 「Smart Zero-Oneシステム状況把握からプランニングサービス」

 ノベルの「PlateSpin Recon」を用い、既存サーバ群のインベントリ情報とリソース使用状況を自動的に収集・分析。これに基づいて物理/仮想マシン統合プランを作成する。価格は25 万円から。

  • 「Smart Zero-Oneデータ移行サービス」

 OS混在環境下での物理・仮想・イメージ間のサーバマイグレーションサービス。「PlateSpin Migrate」を用い、P2V、P2P、V2Vを行える。対応環境は、Windows/Linux/Solaris、VMware/Hyper-V/Xen。価格は25 万円から。

  • 「Smart Zero-Oneデータ保護サービス」

 物理・仮想化環境下でのデータバックアップを実現する「PlateSpin Protect」を利用。ローカルでのデータ保護サービス(20万円から)、そして仮想化環境下における災害対策(DR)コンサルティング・導入サービス(DR コンサルティングサービスパックは80 万円から)から成る。

関連リンク

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...