独自マーケットの開設も

auがAndroid、Windows Phone端末を6月以降投入へ

2010/02/17

 KDDIは2月17日、個人向けとしてAndroid OS搭載スマートフォン「Androidスマートフォン」およびWindows OS搭載スマートフォン「Windows phone」を6月以降に発売すると発表した。Android端末投入に合わせて、同社が推奨する“おすすめするアプリケーション”などを集めた新たなアプリマーケットも同時に提供を開始する。

 新設するアプリマーケットでは、利用者の好みに応じたアプリの提案や、ジャンル別紹介を予定。8月以降には情報料の回収代行や、コンテンツプロバイダ向けのセキュリティチェック機能を提供するという。

 競合のNTTドコモは今年1月にAndroid搭載のソニー・エリクソン製スマートフォン「Xperia」の4月投入を発表。独自のアプリマーケットの提供も発表している。

 米Microsoftは2月15日に従来バージョンと大きく異なるスマートフォン向けOS、「Windows Phone 7 Series」を発表しているが、KDDIが提供する端末が新バージョンであるかなどはアナウンスされていない。Windows Phone 7が市場に登場するのは2010年末の予定。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「幸福感を広めてほしい」 コロナ禍で政府への信頼が低下する一方、ブランドへの期待感が高まる
McCann Worldgroupが「文化と新型コロナウイルスについての真実 第9回調査」の結果を発...

今ツイートした人に広告配信 電通デジタルと電通が「リアルタイムキーワードターゲティング」を提供開始
広告主が配信対象とするツイートのターゲティング期間を短縮してタイムラグを解消。今ま...

ヤフーとLINEの経営統合でコマース・広告はどう変わるのか
新生Zホールディングスの戦略についてコマースと広告に関わるポイントをまとめました。