各種プランで2〜4倍の容量増

さくら、3GB→10GBなど容量増やWordPress対応へ

2010/03/16

 さくらインターネットは3月16日、共有レンタルサーバサービスなどでディスク容量を2〜4倍に増量するほか、コントロールパネルから、WordPress、オープンソース版Movable Type、Xoops Cubeなどのブログ・CMSツールをインストールできる新機能の提供を3月30日に実施すると発表した。

 サービス改定の対象となるのは「さくらのレンタルサーバ」「さくらのメールボックス」「さくらのマネージドサーバ」の3つ。ライトプランで500MB→1GB、スタンダードプランで3GB→10GBなどに増量するほか、さくらのメールボックスでは300MB→1GBに増量する。

プラン名 増量前 増量後
さくらのレンタルサーバ ライト 500MB 1GB
同スタンダード 3GB 10GB
同プレミアム 10GB 40GB
同ビジネス 20GB 80GB
同ビジネスプロ 40GB 150GB
さくらのメールボックス 300MB 1GB

ディスク容量の増量予定

 コントロールパネルからワンクリックでインストール可能なアプリケーションは、

  • Movable Type Open Source
  • WordPress
  • XOOPS Cube
  • 掲示板CGI
  • フォームメールCGI
  • カウンターCGI
  • 日記CGI

となる。ただし、Movable Type、WordPress、XOOPS Cubeの3つはライトプランでは非対応。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...