HeartbeatやPacemakerもサポート範囲に

OSSとLinuxで高可用システム構築を支援、サードウェア

2010/03/24

 サードウェアは3月24日、「Linux HAサポート」の提供を開始した。オープンソースソフトウェアを組み合わせ、Linuxをベースにした高信頼システムの構築を支援する。

 同社は2008年5月にオーストリアのLINBIT Information Technologiesと提携を結び、オープンソースのレプリケーションソフトウェア「DRBD」を用いてLinuxのアベイラビリティを高める「DRBDサポート」を提供してきた。今回そのサポート範囲/内容を拡充し、Linux HAサポートとして提供する。

 具体的には、同じくLINBITが開発を担当するオープンソースのクラスタリングソフト「Heartbeat」や、リソース制御を行う「Pacemaker」も範囲に含め、Linuxをベースにしたクラスタや災害対策、バックアップシステムの設計/構築サービスを提供する。また、LINBITと連携しながらサポートを提供する。

 さらに、Linux HAの普及を促進するため、トレーニングサービスや技術移転サービスを拡充。6月からはLinux HA技術認定試験を開始する予定だ。

 サードウェアは一連のサービスによって、高い可用性を備えたLinuxシステムを、低コストで実現できるとしている。同社では、周辺関連サービスも含め、初年度で5000万円の売り上げを見込んでいる。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。

SaaS化が加速するコンタクトセンター/コンタクトセンターの現在―矢野経済研究所調べ
国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場について...

ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。