「学習環境がさらに広がる」とLPI-Japan

「Linux標準教科書」がiPad対応、6月中旬より無償で提供

2010/06/03

 エルピーアイジャパン(LPI-Japan)は6月3日、「Linux標準教科書」をiPad対応アプリケーション化し、6月中旬から無償で提供することを発表した。

lpic01.jpg

 LPI-Japanは、Linuxおよびオープンソース技術に関するスキル習得支援を目的とした特定非営利活動法人で、日本国内でLinux技術者認定試験(LPIC:Linux Professional Institute Certification)を実施している。Linux標準教科書は、Linuxの普及を目的に開発し、無償で提供している技術教材。2008年9月の提供開始以来、すでに10万ダウンロードの実績を持つ、全246ページのコンテンツだ。

 LPI-JapanはこれをiPad向けアプリとして提供することにより、教科書を気軽に持ち運び、いつでも利用できるようになるため、Linuxの学習環境がさらに広がるとしている。今後も、iPad向けに機能を拡張していく計画だ。

 iPad版Linux標準教科書は、iTunes Store 内のApp Storeから無償で入手可能になる予定。Linuxを教える教員やインストラクターのほか、LPICレベル1認定取得を目指す技術者などを対象に、初年度2万ダウンロードを見込む。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2時間配送を実現した「Walmart」他、米国のオンラインショッピングアプリが熱い
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による外出自粛は世界的なトレンド。これに伴...

コロナ禍で食費「増えた」が6割弱――電子チラシ「Shufoo!」運営会社が調査
「おうち時間」が増加したことで主婦の買い物動向はどう変化したのでしょうか。

CX(カスタマーエクスペリエンス)におけるROIとは
企業のCX(カスタマーエクスペリエンス)担当者はCXプログラムの実施に当たりどのように...