検索連動型広告配信プラットフォームも提供

Yahoo! JAPANがグーグルの検索エンジン利用へ

2010/07/27

 グーグルは7月27日、Yahoo! Japanを運営するヤフーに対して検索技術をライセンス提供すると発表した。同時に検索連動型広告配信プラットフォームも提供する。広告のターゲティングやレポートはグーグルのバックエンドに依存する形となるが、広告主や広告のデータはグーグルとヤフーで完全に分離されるという。顧客や価格に関する情報についても共有しないとしている。

 ヤフーは今回の提携により、自社のオークション、ショッピング、知恵袋などのサービスでグーグルの日本語検索を結果に加えてカスタマイズできるようになるという。ヤフー独自のカスタマイズを行い、外観も違うものとなるため、グーグルのサイト上で行う検索と、ヤフーの検索は異なるものになるとしている。

 グーグルはこれまで、2001年から2004年の期間にもヤフーに対してライセンスを提供していた。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...