鍵情報を用いてDNS偽造を検出

JPドメイン名がいよいよDNSSECに対応

2011/01/17

 日本レジストリサービス(JPRS)は1月17日、同16日からJPドメイン名サービスにDNSSEC(DNS Security Extensions)を導入したことを発表した。

 DNSはインターネットの基盤技術の1つだが、DNS応答を偽造してエンドユーザーを悪意あるサイトに誘導する「DNSキャッシュポイズニング」攻撃の危険性が指摘されていた。これに対し、DNSの応答に電子署名を付加して、出所や内容の正当性を検証し、偽造を検出できるようにするセキュリティ拡張がDNSSECである。

 JPRSは2009年7月にDNSSECを導入する方針を表明。2010年10月に、jpゾーンにおけるDNSSEC署名を開始し、2010年12月にはルートゾーンに、.jpゾーンのDNSSEC署名を検証するための鍵情報を登録していた。これを用いて.jpゾーンの署名を問題なく検証できること、しかも既存のDNSインフラへの悪影響がないことを確認したうえで、正式に導入したという。

 今回のDNSSEC導入によって、JPドメイン名を登録している事業者は、DNS応答に付加した電子署名を検証するための鍵情報をJPRSに登録できるようになる。そしてエンドユーザーは、この鍵情報を用いてDNS応答が偽造されていないかどうかを検証し、フィッシング詐欺などのリスクから身を守る手助けにできる。

 JPドメイン名でのDNSSEC導入を受け、インターネットイニシアティブ(IIJ)、インターネットマルチフィード、NTTPCコミュニケーションズの3社がDNSSECに対応する方針を表明。DNSSECの鍵情報の取り次ぎやDNSキャッシュサーバにおけるDNSSEC対応などを進める予定だ。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。