メニューをセミオーダー化しシンプルに

NTT Com、企業向けに新たな接続サービス「Universal One」

2011/01/19

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は1月19日、企業向けの新たなネットワークサービス「Universal One」を発表した。既存の「Arcstar IP-VPN」や「e-VLAN」といったサービスを置き換えるという位置付けで、4月からサービスの受け付けを開始する予定だ。

 NTT Comはこれまで、IP-VPNや広域イーサネットなど通信レイヤや回線種別ごとに、複数のサービスを提供してきた。だがその結果、サービスメニューは多岐にわたり、アクセス回線やオプションなども含めると選択肢があまりに増え、ネットワーク設計が複雑化していたという。

 これに対しUniversal Oneはメニューをシンプルにしたことが特徴だ。通信品質に応じて「プレミアム」「ギャランティ」「バースト」「ベストエフォート」という4つのプランを選んだのち、レイヤと帯域を選択する仕組みだ。従来のサービスが、ユーザーの要望に応じて柔軟なカスタマイズが可能だが、その分注文が複雑になるカスタムメードだとすれば、Universal Oneはセミオーダーに例えることができるだろう。メニューや導入、サポートなどをシンプルにすることで、クラウド環境を容易に活用できるようにする。

 Universal Oneを利用すると、標準で「Universal Oneターミナル」という機器を導入することになる。Universal Oneターミナルはルータとしての機能に加え、有線/無線でのバックアップ機能を備えた機器で、NTT Comが疎通状態を監視する。これにより、データセンターと拠点の間をエンドツーエンドで監視し、障害などにプロアクティブに対処できるようにしていく。

 また、Universal Oneと同社のクラウドサービス「BizCity」を直結し、サポート窓口も一元化。個別に問い合わせる手間を省く。2011年9月以降には、国外のネットワークも含め、申し込みから請求、故障対応までをワンストップ化していく予定だ。

 従来、拠点ごとに異なるVPNサービスを導入していた場合は、そのVPN間を接続する必要があり、データセンター接続も別メニューだったほか、BizCityとの接続にはアプリケーションゲートウェイの導入が必要だった。だがUniversal Oneではそれらが不要になるため、コストを最大で約30%削減できるとNTT Comは説明している。

nttcom01.jpg
nttcom02.jpg

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...