利用端末・OS・言語などの情報に加えエラー状況も取得・解析

iPhone/Androidアプリ解析サービスを提供、ディー・ワークス

2011/01/20

 ディー・ワークスは1月20日、携帯サイト専用アクセス解析・効果測定サービス「wellout」にスマートフォンアプリ解析サービスを追加すると発表した。

 「welloutスマートフォンアプリ解析」はiOSアプリ(iPhone/iPod touch/iPad)、Androidアプリの解析をするクラウド型のサービスだ。複数のスマートフォンアプリにおけるユーザーの利用傾向、利用している端末情報など18種類のレポートを提供し、アプリの改善やアプリを使用したプロモーションの効果測定などに活用できるという。

 スマートフォンアプリの利用傾向の解析では、アプリの起動・終了・ボタンクリックなどの「イベント」をトラッキング・解析することで、アプリの利用回数・利用時間などを把握できる。またユーザーのアプリ内での遷移を解析する「経路解析」も行えるという。

日別アプリ利用頻度動向レポート 日別アプリ利用頻度動向レポート

 ユーザーの端末情報としては、OSや使用言語、端末モデルといった基本的なユーザーの情報から、データ通信、無線LAN、オフラインかどうかのネットワーク状況まで、ユーザーがどのような環境でアプリを利用しているかを把握できる。

アプリ利用端末一覧レポート アプリ利用端末一覧レポート

 アプリのエラー状況も取得可能で、ユーザーの任意の報告に頼ることなく、アプリの不具合の情報が取得できる。

 このサービスを利用するには、事前にディー・ワークスの用意するコンポーネントをアプリ内に挿入することが必要で、アプリ解析情報はディー・ワークスのWebサービスを通じて取得する。コンポーネントをアプリに埋め込むことにより、オフラインでのユーザーのアプリの利用状況も取得可能だ。

 対応OSは、iOS 3.0以上とAndroid 1.5以上で、月額利用料金は、10万円から。導入コンサルティングには、別途料金が必要だ。

(@IT 河内典子)

情報をお寄せください:

Smart & Social フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Accenture調査から見えた2020年の5つのテクノロジートレンド
「テック・クラッシュ」を乗り切るにはどうすればいいのか。AccentureのCEOおよびCTOの記...

電話サポートの保留音、世界の主流はクラシック――Genesys調査
13カ国で実施した電話サポートの保留音に関する調査結果です。

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。