ネットワンはEMC製品に特化した取り組みを強化

EMCとネットワン、出資に基づく協業の強化を発表

2011/03/10

 EMCジャパンとネットワンシステムズは3月9日、2社の協業を発表した。米EMCのネットワンに対する出資に基づき、ネットワンはEMCの製品・ソリューションの市場への投入を強化していくという。

 記事初出時に「米EMCによるネットワンへの出資金額は、執筆時点では明らかになっていない。」としていたのは誤りでしたので訂正します。

 この出資は2010年12月に完了し、ネットワンはIR情報として、これを公表している。これによると、ネットワンは米EMCに対し、2000株を売却、2億3260万円を調達した。これはネットワンの発行済み株式総数(55万1900 株)の0.36%に相当する。

 出資を伴う協業関係を結ぶのは、EMCにとって日本で初めて。ネットワンシステムズは、EMC製品やソリューションの導入、サービス、販売に特化した営業やサービス部門を立ち上げる。EMCの協力の下で、クラウド基盤構築に向けたソリューション・メニューを拡大。仮想化ICT基盤全体の構築コンサルティング・サービス、設計・構築サービス、導入後の保守・監視・運用サービス、EMC製品の技術教育サービスなどを拡充する。また、2社共同で、営業活動の強化とマーケティング活動を行っていくという。

 ネットワンは、EMCのITインフラ製品全般を採用し、プライベートクラウド基盤やバックアップ/事業継続、運用管理などのソリューションを展開する。また、以下のサービスを拡充するという。

  • 仮想化IT基盤全体の構築に向けたコンサルティング・サービス
  • 設計・構築サービスにおける、EMC新製品への速やかな対応
  • 保守サービスにおける、EMC新製品への速やかな対応
  • 監視・運用サービスにおける、EMCからネットワングループへのストレージ監視技術の提供と自動運用ツールの活用
  • 「EMC VNX」「EMC Symmetrix VMAX」に関する技術者教育サービス

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...