ノンプログラミングでカスタマイズ可能

サイボウズ、業務アプリケーションPaaSを今秋提供へ

2011/04/18

 サイボウズは4月18日、最短10分で業務アプリケーションを運用開始できる新たなPaaS、「kintone(キントーン)」を今秋に提供開始すると発表した。

 kintoneはノンプログラミングで画面を設計していくことで業務アプリケーションを構築し、利用できるクラウドサービス。同サービスの提供開始と同時に、業務アプリケーションのオンラインストアをオープンする。ユーザー企業は、このストアからアプリケーションを選択することで、即座にこれを入手できる。自社のニーズに合わせたカスタマイズも画面設計ツールで容易に行えるという。アプリケーションはサイボウズの管理するデータセンターで稼働するため、どこからでも利用が可能。

kintone01.jpg 企業は自社用ポータルで利用アプリケーションを一覧できる(kintone紹介ビデオより)
kintone02.jpg ノンプログラミングでカスタマイズが可能

 サイボウズはkintoneを、容易に短時間で利用開始できるため、「ファストシステム」と表現している、アプリケーション改変やデータ移行に伴うコストも最小と主張する。同社は新サービスについて、ベータ版の提供を検討しているという。

 サイボウズは、kintone提供に合わせ、サイボウズオフィシャルコンサルティングパートナー制度を提供開始する。これは、各企業のニーズに合わせて、コンサルタントがサイボウズ製品を使ったソリューション構築を行うというもの。

 なお、この発表には、アプレッソとウイングアークテクノロジーズがコメントを寄せている。アプレッソは、同社のデータ連携ツール「DataSpider」、ウイングアークは帳票開発・運用ツール「SVF」およびデータ活用ツール「Dr.Sum EA」で、kintoneと連携しているという。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...