3年間で10億円の売り上げが目標

「ディーロボ」改め「ドロボ」、国際産業技術が総代理店に

2011/04/20

 プロシューマーや中小企業に向けたストレージ装置の「Drobo」。国際産業技術は、この製品の開発元である米データロボティクスと国内総代理店契約を締結したことを踏まえ、製品展開について4月19日に説明した。

 米データロボティクスは当面、日本市場における活動を国際産業技術に委ねることになった。国際産業技術は、これまで国内で“ディーロボ”と発音していた製品名を「国際標準」の“ドロボ”に改め、自社による販売および、既存の販売パートナーへのディストリビューション業務を担う。取締役社長の立花和昭氏によると、今後3年間で10億円の売り上げを目指すという。

 Droboはメーカーや容量の異なる汎用ハードディスクドライブを組み合わせて、RAIDを構築できる小型ストレージ装置シリーズ。壊れたハードディスクドライブは、ホットスワップができ、リビルド中にも利用が可能。リビルド中に電源が切れることがあっても、電源が復旧した時点でその作業は中断箇所から再開される。操作が容易かつ安全性が高いという特徴を武器に、プロシューマーから中小企業の市場へと、徐々にターゲットユーザーを広げている。

drobo01.jpg Drobo B800FS

 国際産業技術は4月5日、ビジネス向け新製品として「Drobo B800FS」(24万8000円)と「Drobo B800i」(34万8000円)を発売した。どちらも最大8基のハードディスクドライブを搭載できる製品。B800FSはNASで、B800iはブロックストレージだ。B800FSにはDrobosyncというツールを搭載。遠隔拠点のB800FS間で、非同期のレプリケーション(複製)を簡単に設定できる。

 以前の記事で紹介したB1200iについては、国内発売は7月初めになる見通しだと、米データロボティクスのアジア・太平洋地域 営業担当シニア・ディレクターのフィリップ・カズボーン氏は話している。

関連リンク

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...