他ツールとの連携も強化

Git 1.7.5がリリース、メッセージの国際化へ一歩

2011/04/25

 オープンソースで人気の高い分散バージョン管理システム「Git」のバージョン1.7.5が4月24日にリリースされた。83日前のリリースとなる前バージョンの1.7.4から77人のコントリビューターによって、547件の変更が加えられたという。

 主な機能強化は「git-p4」「vcs-svn」「git-svn」など、他のバージョン管理システムと連携するツールの改善と修正や、Windows(MinGW)プラットフォームの移植性改善など。また内部的には、メッセージのローカライゼーション、国際化に向けた準備が進められていて、文字列にローカライゼーションのマークが付加されるなどコードベースが変更されているという。

 Gitは元々Linuxカーネルの開発コミュニティで、Linux同様にリーナス・トーバルス氏によって開発されたが、現在はSamba、X.org、Ruby on Railsなど、他のOSSプロジェクトでの採用も増えている。また、jQueryやNode.jsなどJavaScriptベースのプロジェクトでもGitの採用が多い。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。