履歴のチェックで「成りすまし」の検出を

PlayStation Networkで個人情報流出、使い回しパスワードの変更呼び掛け

2011/04/27

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は4月27日、プレイステーション向けのオンラインサービス「PlayStation Network」とコンテンツ配信サービス「Qriocity」が不正アクセスを受け、ユーザーの個人情報が流出したことを明らかにした。

 同社によると、不正アクセスが発生したのは4月17日から19日にかけて。ユーザーが登録した氏名、住所、電子メールアドレス、生年月日およびPlayStation Network/Qriocityのパスワードと、PlayStation NetworkのオンラインIDが流出した可能性がある。また、購入履歴、請求先住所、パスワード再設定用の質問への回答といったプロフィールデータ、サブアカウントに関する情報についても、同様に不正アクセス者が入手した可能性があるとしている。

 この件を受けてSCEは、「サービス復旧後のパスワードの変更」「他のサービスでPlayStation Network/Qriocityと同じユーザーIDやパスワードを使用している場合は、それらの変更」を強く推奨している。併せて、成りすましによる不正ログイン/不正利用を防ぐため、登録情報の詳細やクレジットカードの引き落とし履歴などの定期的な確認も勧めている。

 なお、クレジットカード情報およびその有効期限については、いまのところ「不正アクセス者に入手された可能性を完全に否定することはできませんが、現時点ではそのことを示す形跡は見つかっていない」という。

 同社は4月21日から、「外部要因とみられる影響」により、PlayStation Network/Qriocityに障害が発生していることを報告していた。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH