iPhoneアプリとしても提供

SPF設定のミスを発見、センドメールが無償ツール公開

2011/05/16

 センドメールは5月16日、自社のメールサーバが送信ドメイン認証に正しく対応できているかどうかを管理者自身がチェックできる「SPFレコードチェックツール」を無償で公開した。

sendmail01.jpg

 送信ドメイン認証は迷惑メール対策として生まれてきた技術だ。送信者情報を確認することにより、そのメールがドメインを詐称していない正当なメールであることを証明し、迷惑メールの振り分けなどに活用できる。大きく分けて、送信元のIPアドレスを認証に用いる「SPF(Sender Policy Frameworks)」と、電子署名を活用する「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」の2種類のテクノロジがある。

 このうちSPFを実装するには、DNSにSPF関連のレコードを追加する必要がある。だがセンドメールによれば、SPFレコードの文法や設定にエラーがあると、正当なメールとして認証されないだけでなく、自社のメールサーバが不正なドメインとして排除される可能性もあるという。

 SPFレコードチェックツールは、こうした設定ミスなしに、正しくSPFを導入できているかどうかを確認するツールだ。Webサイト上でメール送信元のIPアドレスとメールヘッダーを入力すると、「pass(認証成功)」「permerror(送信元のSPFレコードの文法的な誤りなど永続的なエラーのため認証処理を実行できない)」といった結果が帰ってくる。これを元に設定を見直すことで、自社のメールが迷惑メールとして扱われるような事態を未然に防ぐことができる。なお、メールサーバには設定変更などが付きものであることから、同社では定期的なチェックを推奨している。

 SPFレコードチェックツールは、同社Webサイトで利用できるほか、iPhoneアプリとしても提供される。今後、DKIM用のツールやAndroid端末など他のスマートフォン用のアプリケーションも提供する予定だ。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会...

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...