まず送信事業者側からDKIMの普及目指す

dkim.jp、メール送信事業者向けにDKIM導入の推奨手順書を公開

2011/05/26

 Japan DKIM Working Group(dkim.jp)は5月26日、メール送信事業者向けに、DKIM導入、運用の推奨手順をまとめた文書「送信事業者におけるDKIM導入・運用について」を策定し、Webサイト上で公開した。

 DKIM(DomainKeys Identified Mail)は、迷惑メール対策を目的としたドメイン認証技術だ。電子署名を用いて送信元のドメイン情報を検証することで、なりすましメールかどうかを見分けることができる。dkim.jpは、国内におけるDKIMの普及推進を目的に、2010年11月に設立された業界団体だ。

 リコメンデーションでは、電子メール配信業務の受託やメール配信機能を提供するASP、SaaS事業者を対象に、DKIMのメリットや参考となる導入方法、運用ポリシーなどを取りまとめている。例えば、使用すべき暗号アルゴリズムや鍵長、ロールオーバー(交換)期間といった具体的な推奨手順を紹介している。

 dkim.jpによると、DKIMの普及が進まない要因の1つに、送信側は受信側の、受信側は送信側の普及を待っていたことが挙げられる。リコメンデーションの公開により、比較的導入がしやすい送信事業者からDKIM対応を進め、流通するメールにおけるDKIM署名付きメールの割合を増加させる。また、dkim.jpに参加している送信事業者11社では、7月をめどにDKIM対応を目指すとしている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価...

「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開...

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。