ネイティブ方式は「7月をめど」

フレッツ 光ネクスト、6月1日からトンネル方式によるIPv6接続を開始

2011/05/26

 NTT東日本およびNTT西日本は5月26日、ブロードバンド接続サービス「フレッツ 光ネクスト」で、6月1日からIPv6アドレスによる接続を提供することを発表した。これにともない複数のインターネットサービスプロバイダーもIPv6対応を表明している。

 NTT東日本/西日本では、フレッツ 光ネクストの基本機能として、従来からのIPv4接続に加えIPv6接続を提供する。IPv6接続に際し、申し込み手続きや新たな月額利用料は必要ない。ただし、対応するISP事業者との契約や、IPv6によるPPPoE接続に対応するための機器を用意する必要がある。

 NTT東日本/西日本はこれまで、IPv6によるインターネット接続方式として、「トンネル方式」と「ネイティブ方式」の2種類を提示していた。6月1日から開始するのは、このうちトンネル方式に当たる「IPv6 PPPoE」。利用するには、ユーザー側にIPv6トンネル対応アダプタなどを導入する必要がある。NTT東日本/西日本は、この機能を提供する「IPv6トンネル対応アダプタ MA-100」を、5月30日から1万479円で発売する。

 もう一方のネイティブ方式「IPv6 IPoE」は、7月をめどに開始する予定だ。同方式を利用する際には申し込み手続きが必要だが、アダプタは不要となる。

 この発表を受けて、NTTコミュニケーションズが、企業向け/個人向けOCNサービスの各種「フレッツ 光ネクスト」対応プランにおいてIPv6 PPPoE接続に順次対応することを発表したほか、NTTぷらら、インターネットイニシアティブ(IIJ)、NECビッグローブなどが対応を表明。NTT東日本では5月30日から、IPv6に対応するISPの一覧をWebで公開する予定だ。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

越境ECで売れる日本製品 「フイルムカメラ」「限定キャラクター商品」など――イーベイ・ジャパン調べ
日本からeBayに出品されたアイテムの販売動向が発表されました。

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。