「OpenText Everywhere」

オープンテキスト、iPhone/iPadで文書管理ができる新製品

2011/08/02

 オープンテキストは8月1日、ECMスイート製品「OpenText ECM Suite」の機能を、iPhone/iPad向けに最適化したアプリケーション「OpenText Everywhere」(日本語版)を発表した。8月31日に提供を開始する。価格はオープン。

 OpenText ECM Suiteは、企業が所有する業務文書、電子メール、Webコンテンツなどの複数コンテンツを、1つの統合基盤上で管理可能とする製品。SAPなどのERP製品とも連携し、企業が扱う情報資産やワークフロー、業務アプリケーションへのシームレスなアクセス・管理を可能とする。

 近年では、企業が管理するデジタルコンテンツの数が爆発的に増加しており、その多くはPCなど社内に置かれた端末だけでなく、スマートフォンやタブレットからもアクセスされている。一方で、コンテンツ表示が端末に最適化されていなかったり、管理フローやアーカイブ機能が確立されていないのが現状だ。

opentext01.jpg OpenText Everywhereの利用イメージ

 OpenText Everywhereを利用すれば、PCだけでなく、iPhoneやiPadから、OpenText ECM Suiteの統合リポジトリに保存した書類や契約書などのコンテンツを、検索、閲覧、管理、承認(権限に応じる)、送信可能となる。これまではPCのみでしか実行できなかった文書管理、ワークフロー、アーカイブなどのECM機能を、セキュリティの担保された状況下でいつでもどこでも実行可能になる。

 東日本大震災では、多くの企業が自宅勤務や自宅待機を余議なくされた。その際に課題に上ったのが、業務システムへのアクセス環境確保と、従業員のコミュニケーション確立など、新しいワークスタイルの創造だ。同社では、OpenText Everywhereの利用により、企業はコンプライアンスに順守した状態で、モバイル端末を活用して企業活動の幅を拡大できるとしている。

(TechTargetジャパン)

情報をお寄せください:

Smart & Social フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。