省電力、省スペースのメリットを訴求

デルがクラウド向け高密度サーバ、OpenStack導入支援も

2011/08/25

 デルは8月24日、クラウド構築に向けた高密度サーバの新機種を発表した。また、オープンソースのクラウド構築・運用ソフトウェアOpenStackの導入支援の活動についても説明した。

 新製品「Dell PowerEdge C5220マイクロサーバ」は当初、欧州のあるサービスプロバイダのための専用モデルとして開発されたもの。ラック単位の電源容量が限定されているようなケースでも、少ないスペースで多数のサーバを動かしたいというニーズに応えている。

 同サーバは3Uサイズのシャーシに、1ソケットサーバモジュール(同社は「スレッド」と呼んでいる)を複数挿す構成。8枚あるいは12枚のスレッドを搭載できる。すなわち、3Uのサイズで最大48コア(4 コア×12)を提供可能。

dell01.jpg C5220の8スレッドモデル

 CPUには低消費電力のXeon E3-1200シリーズ、あるいはCore i3-2120を搭載できる。12スレッドモデルはTDP 20〜65WのCPUに対応。8スレッドモデルはTDP 20〜95WのCPUが使える。各スレッドは1 CPUソケットであり、省電力と密度に重きを置いているため、クラウド環境のフロントエンドサーバとしての利用を想定しているという。

 C5220の各スレッドは、基本的に独立したサーバだ。電源装置は、シャーシの二重化電源ユニットを共用する。ファンもシャーシに搭載したものを使う。これら以外は何も共用しない、各スレッドはDIMMスロットを4スロット搭載。ハードディスクドライブは2.5インチだと4基、3.5インチだと2基搭載できる。ネットワークはギガビットイーサネットが2ポート備わっている。I/Oスロットは、8スレッドモデルのみPCIe×1が利用可能。8スレッドモデルはLSIのカードを使うことでハードウェアRAIDが組める。

dell02.jpg 右手前に見えるのが2枚の「スレッド」

 スレッドはそれぞれ、シャーシから前面に抜き差しできる。メンテナンス作業はすべて前面、すなわちコールドアイル側から行えるようにしているという。

デプロイメント支援ツールでOpenStack導入を容易に

 デルはクラウド運用基盤「OpenStack」を導入したいサービス事業者への支援についても説明した。

 デルはPowerEdge C6100を使った場合のOpenStack構築についてのレファレンスアーキテクチャとして、推奨構成に関するホワイトペーパーを提供している。また、Apache 2.0ライセンスで「Crowbar」というデプロイメント支援ツールを提供。このツールにより、サーバに対してOS、OpenStackソフトウェア、管理ツールまでのインストールプロセスを自動化できる。スクリプトベースで行うことにより、ソフトウェアのバージョンアップなどにも容易に対応できるという。米デルでは、CrowbarをHadoopなど、ほかのソフトウェアにも適用しているという。

 日本でデルがOpenStackの導入や運用に関するコンサルティングサービスなどを提供するかどうかについては、現在ニーズを見極めている段階という。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...