IPテレフォニーとユニファイド・コミュニケーションをSaaSで提供

NTT Com、クラウドで企業内のコラボレーションを支援

2011/08/30

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は8月30日、クラウド型のIPテレフォニー/ユニファイドコミュニケーションサービス「Arcstar ユニファイド・コミュニケーション・サービス」を強化し、新たに「UCaaS(ユーキャス)プラン」を追加することを発表した。

 Arcstar ユニファイド・コミュニケーション・サービスは、複数の拠点を持つ企業向けのIP電話サービス。自社でIPテレフォニー用ゲートウェイを導入、運用する手間を省きながら、内線/外線通話をIP化することで通話料金を削減できる。「SIP Trunkingプラン」を併用すれば、海外拠点からの外線着発信が可能だ。

 新メニューのUCaaSプランは、従来から提供してきたIP電話機能に加え、インスタントメッセージやビデオ会議、資料などを共有してのWeb会議といったユニファイドコミュニケーション機能を追加する。同一の番号で自席の電話と携帯電話を同時に呼び出せる「シングルナンバーリーチ」や、連絡を取りたい相手の状況を把握できる「プレゼンス機能」なども備える。これにより、さまざまなコミュニケーションを統合し、地理的に離れた拠点や在宅勤務時のコラボレーションを支援するという。

 特徴は、世界158カ国でサービスを提供し、どの拠点でも同じ機能を利用できること。また、状況に合わせて、IPフォンやPC上のソフトフォンなどさまざまなデバイスで利用できることもメリットといい、今後、スマートフォンにも対応する予定だ。何より「安心して使える通信環境とセットで、ワンストップでサービスを提供すること」(NTT Com取締役 ボイス&ビデオコミュニケーションサービス部長 若井昌宏氏)が強みだという。

 サービス提供基盤はNTT Com側で用意するため、顧客が設備の維持、管理を行う必要はない。この結果、オンプレミスでIPテレフォニー/ユニファイドコミュニケーションを導入する場合に比べ、運用コストを約2割削減できるという。なお、サービスの提供基盤には、グローバルでの実績を踏まえ、米シスコシステムズの「Cisco Hosted Collaboration Solution」を採用した。

 月額料金は、利用する機能やID数によって変動する。企業ごとに課される基本料金は1社当たり3万6000円から、ゲートウェイ料金は1拠点当たり1万800円から、提携メニュー料金は1 ID当たり900円からで、8月31日から提供を開始する。なお別途、同社VPNサービスの利用が必要となる。

 NTT Comは同時にSIP Trunkingプランの提供エリアを、現在のシンガポールから、世界15カ国に拡大することも発表した。2011年度末までには30カ国に拡大するほか、SaaS型のコンタクトセンターサービスとして「Contact Centerプラン」を追加する計画だ。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...