jQuery Mobile、PhoneGap、Mono、Facebook、クラウドを活用

4大スマホOS対応のアプリ開発ツール「RAD Studio XE2」とは

2011/09/02

 エンバカデロ・テクノロジーズは9月1日、統合開発環境「Embarcadero RAD Studio XE2」(以下、RAD Studio)を出荷開始した。「Delphi XE2」「C++Builder XE2」「RadPHP XE2」「Embarcadero Prism XE2」(以下、Prism XE2)からなるスイート製品だが、単体でも購入できる。それぞれの製品でスマートフォン(iOSやAndroid、Windows Phone、BlackBerry)向けアプリケーション開発のための機能を大幅に拡充した。

 Delphi XE2/C++Builder XE2では、「FireMonkey(ファイヤーモンキー)」というDelphi/C++のフレームワークでWindows(32ビット)とMac OS Xのクロスプラットフォーム開発に対応。エンバカデロ・テクノロジーズ 日本法人代表 藤井等氏はFireMonkeyについて「リッチなユーザーインターフェイス(以下、UI)を実現するためのコンポーネントベースのフレームワークで、WindowsではDirectX、Mac OS XではOpenGLで、HDや3Dのグラフィック、リアルタイムイメージ効果、アニメーションなどをCPU/GPUネイティブで表現している」と説明した。

 開発環境上は、FireMonkeyのコンポーネントをドラッグ&ドロップすることで、アプリケーションのUIデザインが可能で、コンポーネントとデータソースを結び付ける「LiveBindings」機能も備えている。また、データベース接続アーキテクチャ「dbExpress」におけるInterBase XE、Firebird 2.5、SQL Anywhere 12、ODBCを含むデータベースの追加サポートを実現している。

 またDelphi XE2/C++Builder XE2では、「DataSnap」というDelphi/C++のサーバアプリケーションを作成でき、iOSやAndroid、Windows Phone、BlackBerryのネイティブアプリケーションから、DataSnapサーバやデータベースサービスに接続するためのAPIなどを含むライブラリ「モバイルコネクタ」も作成できる。モバイルコネクタでは、TCP/IP、HTTP、HTTPS、JSON、RESTによる接続をサポートしている。

 DataSnapのサーバアプリケーションはAmazon EC2やWindows AzureといったIaaS上に配置できるうえに、接続APIもサポートするなど、クラウドサービスへの対応を強化した。

 Delphi XE2では、FireMonkeyを用いて、さらにiOSのネイティブアプリと64ビットのWindowsアプリ開発も可能となっている。

Delphi XE2でiPhoneアプリを作り、Xcode用プロジェクトとして書き出すところ Delphi XE2でiPhoneアプリを作り、Xcode用プロジェクトとして書き出すところ

 RadPHP XE2では、Zend Frameworkコンポーネントセットの拡張に加え、新たにスマートフォンアプリケーション開発をサポートした。エンバカデロ・テクノロジーズ エヴァンジェリスト 高橋智宏氏によると、「jQuery Mobile Beta 1のコンポーネントを活用したGUIベースのWebアプリケーションデザイン/開発ができ、PhoneGap 1.0の機能を使ったiOSとAndroidのネイティブアプリケーションに書き出すこともできる。カメラや加速度センサ、GPSなどハードウェアデバイスを利用した開発も可能だ。jQuery MobileやPhoneGapがバージョンアップしたときは、RadPHP XE2もそれに合わせる」という。

RadPHP XE2でiPhoneアプリを作っているところ RadPHP XE2でiPhoneアプリを作っているところ

 また、Facebookアプリケーションを開発するためのウィザードも用意し、Facebook Graph APIを使うためのコンポーネントで機能を追加することもできる。

 Embarcadero Prism XE2では、.NET向けコンパイラ「Oxygene Compiler 5.0」やレポートソリューション「FastReport.Net」を搭載した。Prism XE2は、従来のバージョン(旧、「Delphi Prism」)で.NET/Monoの技術を採用しており、「Mono Touch」によるiOS向け開発が可能だ。RAD StudioにおけるWindows Phoneのネイティブアプリーション開発機能については、「Prism XE2はSilverlight開発に対応しているので、Windows Phoneアプリも開発できる」(高橋氏)という。

 RAD Studio XE2、Delphi XE2、C++Builder XE2、RadPHP XE2、Prism XE2には、30日間の試用版に加え、目的別にいくつものエディション、ライセンスオプションが用意されている。初心者向けの「Starter Edition」など、エディションにより使える機能や価格も変わる。

関連リンク

(@IT 平田修)

情報をお寄せください:

Smart & Social フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。