DDoS防御で「桁違い」の性能を提供

A10ネットワークス、新ASICで高速化図ったADCを発表

2012/02/16

 A10ネットワークスは2月15日、負荷分散/アプリケーションデリバリコントローラ(ADC)製品の新モデル「AX3200-12」と「AX3400」を発表した。

 AXシリーズは、サーバロードバランスやHTTP/SSLのアクセラレーション、アプリケーション高速化などの機能を提供するアプライアンス製品だ。マルチコア/マルチスレッド対応の64ビットOS「ACOS(Advanced Core Operating System)」によって、高いパフォーマンスを実現することが特徴だ。

 新モデルはいずれも1Uサイズのコンパクトモデルだが、これまでハイエンドモデルの「AX5200-11」のみに搭載されていたASICの強化版「FTA-2(Flexible Traffic ASIC-2)」を新たに搭載している。これにより、レイヤ4コネクションの処理性能はもちろん、DDoS攻撃対策の性能も向上した。AS3200-12では毎秒2500万のSYNパケットに、AX3400は毎秒5000万のSYNパケットに対応でき、「ファイアウォールでの防御に比べ、桁違いの性能を実現する」(同社)という。

a1001.jpg

 価格は、ミッドレンジモデルのAX3200-12が869万9000円、中〜大規模企業やサービスプロバイダ向けの上位モデルであるAS3400は1499万9000円。

 なお、同社では日本向けサポートの強化を進めており、その一環として、試験的にコールセンター機能の一部を日本国内に移管した。日本語によるサポートが提供されるほか、問題が発生した際の修正が速やかに提供されるなどのメリットがある。今後1〜2カ月のうちに本格稼働する計画という。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...