日本マイクロソフトが社内クラウド管理機能を説明

新System CenterはオールインワンのIT運用自動化製品へ

2012/02/21

 マイクロソフトの運用管理製品「Microsoft System Center」は、今年春に正式リリースされる「System Center 2012」で、オールインワンのプライベートクラウド運用自動化製品としての色彩が強まる。日本マイクロソフトは、2月20日に実施したSystem Center 2012に関するブリーフィングで、同社が目指してきた運用自動化が、新バージョンで実現できるようになったことを強調した。

 仮想化環境の管理では、新バージョンでも従来どおり「System Center 2012 Virtual Machine Manager」が中核となる。しかし、他の製品との統合度・連携度が高まり、利用者は運用管理プロセス主体で利用できるようになったようだ。

systemcenter01.jpg IT運用管理を包括的にカバー

 まず仮想化環境は、これを複数の「クラウド」に分割して運用することが可能。例えば「営業クラウド」として、営業部門に提供するITリソースを、仮想CPUコア数やストレージ容量を指定して割り当てることができる。また、物理サーバ間で仮想マシンを自動的にライブマイグレーションすることによって負荷分散を図る機能も実現する(VMware vSphereのDRSに相当)。仮想マシンを「片寄せ」し、不要な物理サーバの電源をオフすることで電力を節約する機能も搭載する。

 仮想マシン・テンプレートにより、新規仮想マシンの作成を効率化できるのは従来どおりだが、あるアプリケーションを構成する複数の仮想マシン、そして相互の接続などを一括してテンプレート化しておき、これをニーズに応じて適用して一気にアプリケーションをデプロイすることもできるようになる。IaaSよりレイヤの高い、PaaSレベルの運用ができるようになると日本マイクロソフトでは表現している。

 運用自動化という観点から目立つのは、仮想マシン利用の申請から承認、そして特定テンプレートを適用した実際の仮想マシン作成といった一連のワークフローをほとんどすべて自動化できることだ。これはRun Book Automationとも呼ばれる機能を備えた「System Center 2012 Orchestrator」を統合したことで実現している。Run Book Automationは簡単にいえば作業の流れをマクロ化する機能。通常は専用ソフトウェアを仮想化管理ソフトウェアなどと組み合わせて利用する。だが、System Centerではこの機能を取り込んだことで、オールインワンの運用自動化を実現した。このプロセス管理は、ITサービス管理製品である「System Center 2012 Service Manager」とも自動的に連携し、インシデントとしての記録・管理が行える。仮想マシン利用の申請には、セルフサービス・ポータルを簡単に設計して提供できる機能も搭載する。

systemcenter02.jpg Run Book AutomationでIT運用のワークフローを「マクロ化」できる

 System Center 2012における上記のような機能強化は、企業内で草の根的に広がっているHyper-Vを使った多数の仮想化環境を、全社的な環境に統合することで、標準化・自動化・効率化が実現できるというメッセージでもある。マイクロソフトは既存バージョンで、さらにVMware vSphereやXenServerを管理できるようにしているが、新バージョンではWindows Azureの統合管理も実現する。

 日本マイクロソフトでは、System Center 2012の発売に関連し、System Center運用技術者を1800名育成することを目標に、全国でトレーニングを実施するという。ビットアイルでは2月28日より、System Center 2012 製品候補版の検証手順書付きIaaS 環境を、100社に無償で提供するという。また、ネットワールドでは、System Center 2012にアップグレード可能な既存System Centerを約15%オフで販売するキャンペーンを、3月1日から3月30日まで実施するという。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

TableauにSalesforce Einstein Analyticsが完全統合してこれから変わること
セールスフォース・ドットコムとTableau Softwareは両社の製品統合の詳細について、いよ...

Cookieによるユーザー行動分析を日常的に実施する広告宣伝担当者が10.5%減――サイカ調査
企業の広告宣伝担当者290人に聞いた「Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査」...

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...