DNSSECジャパンがチェックリストとロゴを発表

製品/サービスのDNSSEC対応状況をロゴで確認

2012/03/15

 DNSSECジャパン(DNSSEC.jp)は3月15日、サービスや製品がDNSSECに対応していることを確認できる「DNSSEC Readyチェックリスト」と、適合が確認できた場合にその旨を示す「DNSSEC Readyロゴ」を発表した。

dnssec01.jpg

 DNSSEC(Domain Name System Security Extensions:DNSセキュリティ拡張)は、インターネットを支える基盤技術の1つであるDNSのセキュリティを高めるための技術だ。DNSサーバからの応答が、本当にその相手が作成したものであり(データ出自の認証)、内容が途中で書き換えられたりしていないこと(データの完全性)を確認できる。

 しかし、DNSSECを導入しているかどうかは表面的に見えにくく、サービスや製品がDNSSECに対応しているかどうかの確認も困難だった。そこでDNSSECジャパンでは、サービスや製品がどの程度DNSSECに対応しているかを客観的に示すための指標として、チェックリストとロゴをセットで提供することにしたという。

 製品やサービスの提供者は、DNSSEC Readyチェックリストを用いて自社の製品/サービスをチェックし、適合が確認できた場合にはDNSSEC ReadyロゴをWeb上に提示できる。この際、適合するサービスや製品のカテゴリとともに、判定に使用したチェックリストの結果も表示することが必要だ。利用者はこの表示に基づいて、対象製品/サービスのDNSSEC対応状況を確認できるようになる。

 なおこのチェックリスト/ロゴの利用は任意であり、DNSSEC.jpが製品/サービスに対して何らかの認定を与えるものではないが、すでに日本レジストリサービス、日本DNSオペレーターズグループ、東京エレクトロンデバイス、NTTPCコミュニケーションズなど8つのサイトがロゴを使用している。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会...

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...