DNSSECジャパンがチェックリストとロゴを発表

製品/サービスのDNSSEC対応状況をロゴで確認

2012/03/15

 DNSSECジャパン(DNSSEC.jp)は3月15日、サービスや製品がDNSSECに対応していることを確認できる「DNSSEC Readyチェックリスト」と、適合が確認できた場合にその旨を示す「DNSSEC Readyロゴ」を発表した。

dnssec01.jpg

 DNSSEC(Domain Name System Security Extensions:DNSセキュリティ拡張)は、インターネットを支える基盤技術の1つであるDNSのセキュリティを高めるための技術だ。DNSサーバからの応答が、本当にその相手が作成したものであり(データ出自の認証)、内容が途中で書き換えられたりしていないこと(データの完全性)を確認できる。

 しかし、DNSSECを導入しているかどうかは表面的に見えにくく、サービスや製品がDNSSECに対応しているかどうかの確認も困難だった。そこでDNSSECジャパンでは、サービスや製品がどの程度DNSSECに対応しているかを客観的に示すための指標として、チェックリストとロゴをセットで提供することにしたという。

 製品やサービスの提供者は、DNSSEC Readyチェックリストを用いて自社の製品/サービスをチェックし、適合が確認できた場合にはDNSSEC ReadyロゴをWeb上に提示できる。この際、適合するサービスや製品のカテゴリとともに、判定に使用したチェックリストの結果も表示することが必要だ。利用者はこの表示に基づいて、対象製品/サービスのDNSSEC対応状況を確認できるようになる。

 なおこのチェックリスト/ロゴの利用は任意であり、DNSSEC.jpが製品/サービスに対して何らかの認定を与えるものではないが、すでに日本レジストリサービス、日本DNSオペレーターズグループ、東京エレクトロンデバイス、NTTPCコミュニケーションズなど8つのサイトがロゴを使用している。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。