パートナー経由でSaaS展開も

IBMがMDM製品、PCやサーバも含めエンドポイントを一元管理

2012/03/19

 日本IBMは3月19日、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末を一元的に管理し、端末の紛失・盗難時にはリモートから画面ロックやデータ消去といった操作を行える「IBM Endpoint Manager for Mobile Devices V8.2」を発表した。

 IBM Endpoint Manager for Mobile Devicesは、いわゆるMDM(モバイルデバイス管理)製品の1つだ。iOSやAndroid、Windows Mobile/Phoneといった複数のプラットフォームに対応しており、端末情報の取得やGPS位置情報のトラッキング、パスワードルールをはじめとするセキュリティポリシーの管理、推奨アプリの提供といった機能を備えている。また、端末の紛失時に備えたリモートロック/リモートワイプ機能も提供する。

 特徴は、PCやサーバの資産管理やセキュリティパッチ管理、電源管理を行うエンドポイント管理ソフトウェア「IBM Tivoli Endpoint Manager」の1機能として提供すること。このため「モバイル管理だけは別製品を導入するのではなく、サーバとPC、モバイルデバイスといったすべての端末を一元的に管理できる」(同社理事 ソフトウェア事業 Tivoli事業部長 荒川朋美氏)ことが特徴だという。

 さらに、IBM Tivoli Endpoint Managerがもともと備えている拡張性をそのまま享受できることもメリットだ。IBM Tivoli Endpoint Managerでは、エンドポイントに導入するエージェントが「リレー」としても動作する仕組みを活用することで、1台で最大25万台のエンドポイントを管理可能という。

 日本IBMではIBM Endpoint Manager for Mobile Devicesを、IBM Tivoli Endpoint Managerがターゲットとしている大規模企業向けに直接販売するほか、パートナー経由でSaaS形式としても提供していく計画だ。価格は、端末1台につき8660円。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...

SNSマーケティングの「中と外」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにして不定期で...

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...