業種別営業部門の増員でソリューション販売も強化

「仮想化やクラウド事業に注力」、レッドハットが新年度の戦略

2012/04/03

 レッドハットは4月3日、2012年度の事業戦略説明会を開催した。同社代表取締役社長の廣川裕司氏は、「KVM」や「Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV)」といった仮想化事業を中心に、Linux以外の事業にも力を注ぐ方針を明らかにした。

 米レッドハットはこれに先立つ3月28日に、2012会計年度の業績を発表している。売上高は対前年比25%増の11億3000万ドルに達し、オープンソース専業企業としては初めて、10億ドル以上の売り上げを達成したという。日本国内でも、パートナー提携の拡大に加え、各業種別営業部門の強化といった取り組みにより、「大規模案件が取れるようになってきた」(廣川氏)。

 ただし、その売り上げの中心となっているのはLinuxディストリビューションの「Red Hat Enterpirse Linux」だ。ワールドワイドでは売り上げの約70%がLinux関連で、2割はミドルウェアの「JBoss」関連、残る1割がKVMなど仮想化、クラウド関連という構成。日本ではLinux依存の比率がさらに高く、85%を占めるという。

 レッドハットでは、売上高10億ドルの次の目標として、30億ドルを掲げている。この達成に向けて、UNIXからのリプレースを中心にLinuxプラットフォーム事業を引き続き成長させるとともに、「BEYOND LINUX」と表現するLinux以外のビジネス拡大に注力する計画だ。

 具体的には、JBossを中心とする「SOA/ミドルウェア事業」のほか、KVM/RHEVによる「仮想化事業」、クラウドサービスプロバイダーとの提携やCloudForms、OpenShiftなどによる「クラウドコンピューティング事業」、2011年10月に買収したGlusterを軸にした「ストレージ事業」の4領域だ。こうした「クラウドを加速するポートフォリオ」を、ソリューション営業を通じて販売することで、前年度比30%増のウリ替えを目指していくという。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

モバイルアプリの成長を後押しするテレビCMには2つのタイプがあると判明――フラーとエム・データ調べ
フラーはエム・データと共同で、モバイルアプリに関するテレビCMの放映回数・時間とアプ...

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...