IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースが対応促す

「World IPv6 Launch」に備えてIPv6対応を

2012/04/17

 IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースは4月16日、「World IPv6 Launchの実施とIPv6対応の促進について」と題する文書を公開した。6月6日に予定されている「World IPv6 Launch」に向け、インターネット関連事業者のIPv6対応を促すことが目的だ。

 World IPv6 Launchは、Internet Society(ISOC)の提供で6月6日に世界的に行われるイベントだ。インターネットサービスプロバイダー(ISP)やWebサービス事業者、ネットワーク機器を提供するベンダなどが「恒久的に」IPv6を有効にする。2011年6月6日に行われた「World IPv6 Day」が24時間限定でIPv6に対応してみるという取り組みだったのに対し、World IPv6 Launchでは、それ以降もIPv6対応を継続する。

 しかし同タスクフォースによれば、日本ではネットワーク構造の特殊性から、IPv6対応に伴って遅延などの問題が発生することが指摘されている。いわゆる「IPv6-IPv4フォールバック問題」だ。Bフレッツ網などにはフォールバック時の遅延を小さくする仕組みが組み込まれているが、それでも1秒程度の遅延発生が報告されている。アプリケーションによっては、遅延がさらに大きくなる可能性があるという。

 昨年のWorld IPv6 Dayでは、ISP側のDNSフィルタリングによって、ユーザーに通知するアドレスをIPv4に限定する「AAAA filter」といった暫定的な措置をとったこともあり、大きな問題とはならなかった。ただしAAAA filterは、インターネットが持つべきオープン性や透明性という観点からは望ましくない方法であり、DNSSECとの両立も難しいことから、「あくまで暫定的な対処として導入すべき」としている。

 IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースではこういった問題点を回避するためにも、インターネット関連事業者が連携して、IPv6によるインターネットの接続性を提供していくことが望まれるとしている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。