IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースが対応促す

「World IPv6 Launch」に備えてIPv6対応を

2012/04/17

 IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースは4月16日、「World IPv6 Launchの実施とIPv6対応の促進について」と題する文書を公開した。6月6日に予定されている「World IPv6 Launch」に向け、インターネット関連事業者のIPv6対応を促すことが目的だ。

 World IPv6 Launchは、Internet Society(ISOC)の提供で6月6日に世界的に行われるイベントだ。インターネットサービスプロバイダー(ISP)やWebサービス事業者、ネットワーク機器を提供するベンダなどが「恒久的に」IPv6を有効にする。2011年6月6日に行われた「World IPv6 Day」が24時間限定でIPv6に対応してみるという取り組みだったのに対し、World IPv6 Launchでは、それ以降もIPv6対応を継続する。

 しかし同タスクフォースによれば、日本ではネットワーク構造の特殊性から、IPv6対応に伴って遅延などの問題が発生することが指摘されている。いわゆる「IPv6-IPv4フォールバック問題」だ。Bフレッツ網などにはフォールバック時の遅延を小さくする仕組みが組み込まれているが、それでも1秒程度の遅延発生が報告されている。アプリケーションによっては、遅延がさらに大きくなる可能性があるという。

 昨年のWorld IPv6 Dayでは、ISP側のDNSフィルタリングによって、ユーザーに通知するアドレスをIPv4に限定する「AAAA filter」といった暫定的な措置をとったこともあり、大きな問題とはならなかった。ただしAAAA filterは、インターネットが持つべきオープン性や透明性という観点からは望ましくない方法であり、DNSSECとの両立も難しいことから、「あくまで暫定的な対処として導入すべき」としている。

 IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースではこういった問題点を回避するためにも、インターネット関連事業者が連携して、IPv6によるインターネットの接続性を提供していくことが望まれるとしている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。