全ストレージを仮想アプライアンスとしても提供へ

合言葉はトランスフォーメーション、ITもビジネスもあなたも、そしてEMCも

2012/05/22

 5月21日(米国時間)に米ラスベガスで開幕した米EMCのイベント「EMC World 2012」で、会長兼CEOのジョー・トゥッチ(Joe Tucci)氏は、「transformation」がいまのキーワードだと強調した。EMCは今回のEMC Worldで、42の新製品や新機能を発表するとともに、現在の同社のハードウェアストレージ製品のすべてを仮想マシン化する計画を明らかにするなど、自らが急速に「トランスフォーム」していることを示した。

 クラウド化する現在のITは、メインフレームやミニコンピュータの時代と比べ、あらゆる面で変化したと、トゥッチ氏は基調講演で話した。その変化を主導するのは、徹底した自動化とコスト低減をもたらす革新的な技術、そしてビジネスの生産性と俊敏性の向上のためのスピードの追求だという。今後はプライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドに向かい、EMCもこれに向けて新製品や機能を提供していくとした。

 一方で、ビジネスの「トランスフォーメーション」も、ビッグデータ分析の可能性が広がるのに伴い進行していく。さらにこれらの変化の波に乗るために、データサイエンティストという職種が確立していくなど、人々も変わっていくというのが今回のEMCのメッセージ。

vmworld01.jpg GPSや人のオンラインプロファイルの活用で、ショッピングスタイルは変わりつつあると話すトゥッチ氏

 社長兼COOのパット・ゲルシンガー(Pat Gelsinger)氏は、ITの「重力の中心」が、これまではアプリケーションにあったが、データに移りつつあると話した。重力と価値の高まるデータニーズに対応するには、単一の解決策では間に合わない、このためにEMCは今後も多数の製品を提供していくのだという。

 1つの例はデータの処理と格納の場所の問題だ。ゲルシンガー氏は昨年のEMC Worldで、データ処理ニーズに応じて、ストレージにコンピュータ機能を持たせること、そしてコンピュータにストレージを持たせることを構想していると話していた。この話がより具体的になり、すべてのハードウェアストレージ製品を、仮想マシンとしても提供すると語った。仮想マシン化される最初のストレージは、「EMC VPLEX」だという。

vmworld02.jpg すべてのEMCストレージは、仮想マシンとして動作するようになる

 また、主要ハードウェアストレージ製品に、仮想マシンを動作する機能(つまりサーバ機能)を持たせると同氏は話した。「データクレンジングなどでは、わざわざストレージからサーバにデータを読み込ませて処理するのは無駄だ」とゲルシンガー氏は報道陣に話した。

フラッシュ製品を続々投入、だが「フラッシュがすべてではない」

 トゥッチ氏とゲルシンガー氏は、単一の解決策では間に合わないことのもう1つの例として、フラッシュメモリの活用を挙げた。

 EMCはVMAX、VMAXe、VNX、VNXe、Isilonのすべてのハードウェアストレージ製品で、フラッシュを提供するとともに、大部分の製品に「FAST」という自動階層化管理機能を搭載。高速SAS、ニアラインSAS、SATAといったハードディスクとの組み合わせで、データを利用頻度などに応じて、最適な記憶媒体に自動的に再配置できるようにしている。

 EMCはさらに、今年2月にPCIeカード型のフラッシュストレージ「VFCache」を発表するとともに、「Project Thunder」と呼ぶプロジェクトを進行中だと明らかにした。同プロジェクトでは今年中に、複数のVFCacheを搭載したアプライアンスを発売する。このアプライアンスはRDMAで複数のサーバに接続、サーバはVFCacheのドライバを使ってProject Thunderに高速なアクセスを行う。アプライアンスの数を増やし、性能と容量をスケールアウトすることもできるとされている。

 5月に入って、今度はイスラエルのExtremI/Oという会社を買収したと発表した。今回のEMC WorldでEMCは「Project X」と表現しているが、フラッシュのみのストレージ装置を、来年投入するという。

 VFCache、Project Thunder、ProjectXは、(少なくとも当初は)特定用途向けの製品と考えているという。トゥッチ氏は暗にFusion-ioの主張を批判し、「フラッシュですべてのニーズが満たせるというのは間違いだ」と報道陣に説明した。ゲルシンガー氏も、アプリケーションレベルでデータの一貫性を確保するのは非常に困難であり、ストレージのレイヤが担当すべきものだと話した。

 EMCは上記のすべてのフラッシュ製品をFASTに対応させ、同社製品間でのデータの自動階層管理を実現していく。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...