フォールバックに備えてJAIPAなどが情報提供

IPv6の世界へようこそ〜World IPv6 Launch、始まる

2012/06/06

 日本時間の6月6日午前9時から、Webコンテンツ事業者やインターネットサービスプロバイダ(ISP)、ルータなどの機器ベンダが「恒久的」なIPv6対応を開始する「World IPv6 Launch」が始まった。World IPv6 Launch日本語版のページによれば、いまのところ、特に異常は報告されていないという。

 World IPv6 Launchは、2011年に実施された「World IPv6 Day」と同様にInternet Society(ISOC)が主催するイベントだ。参加各社の一覧は、「Webサイト運営者」「ネットワークオペレータ」「ホームルータベンダ」という3つのカテゴリに分けてWorld IPv6 LaunchのWebページに掲載されている。特に、Facebook、Google、Yahoo!、Bingといった主要なWebサービスの運営元が参加することは、大きな影響を与えるものと思われる。

 日本からは、Webサイト運営者としてはNTTコミュニケーションズ、NTTぷららなど100社近くが参加を表明した。また、ネットワークオペレータとしてはKDDIとSuperCSIが、ホームルータベンダとしてはNECアクセステクニカとヤマハの名前が挙がっている。

 アジア太平洋地域でIPv4アドレスの在庫が枯渇したのは2011年4月のことだ。とうとう訪れた在庫枯渇を機に、IPv6への移行の必要性があらためて浮上し始めた。だが、事業者側では「IPv6ユーザーが少ないので対応するメリットがない」、一方ユーザー側は「サービスがIPv6に対応していないので移行するメリットがない」と互いに様子をうかがう、鶏が先か卵が先かという状況が長年続いていたのも事実だ。

 今回のWorld IPv6 Launchでは、参加各社がIPv4に加えてIPv6にも対応する。しかもWorld IPv6 Dayが24時間限定でIPv6対応を図るという試みだったのに対し、World IPv6 Launchは「恒久的」にIPv6に対応する点がポイントだ。これを機に、インターネット全体でのIPv6対応が急速に進み、IPv4からIPv6への移行が本格的に始まると期待されている。

懸念される「フォールバック」問題

 しかし日本のインターネット環境では、早くからIPv6に取り組んできたがゆえの問題が懸念されている。NTT東日本/西日本の「フレッツ光サービス」などを利用している場合の「フォールバック」の発生だ。

 フレッツ光サービスではクライアントに、インターネットには接続できないIPv6「閉域網」のアドレスが割り当てられる。この環境で、Windows Vista/7といったIPv6対応のクライアントを使い、IPv4とIPv6の両方に対応しているデュアルスタックのWebサイトにアクセスしようとすると、最初にIPv6で接続を試み、うまくいかない場合はあらためてIPv4での接続に切り替えるという挙動を取る。これが「フォールバック」で、サービスとしては許容できないほどの時間がかかったり、接続に失敗するケースが報告されていた。

 日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)では、この問題に関する文書を公開し、対策方法とともにISP各社の対応方針を紹介している。

 ソフトウェアのアップデートやポリシーテーブルによっても解消できる可能性があるが、根本的な対策は、フレッツ光サービス上で利用可能なIPv6サービスを導入すること。当たり前だが、IPv6クライアントがIPv6ネットワークを介して、IPv6対応のWebサイトにアクセスする場合は何も問題が生じない。そこでNTT東日本/西日本では、IPoE(ネイティブ)方式のIPv6サービスをデフォルトで提供し、工事費も無料とすることを発表した。

 一方、暫定的な対策としては、DNSサーバ側で応答するアドレスをIPv4のみとする「AAAAフィルタ」がある。これを導入すれば、はじめからIPv4でアクセスするためフォールバックは発生せず、それに伴う遅延も生じない。ただしIPv6対応ユーザーまでもがIPv6で接続できなくなってしまうという問題も生じるため、導入するかしないかはISP各社の判断に委ねられている状況だ。

 JAIPAのWebページには、ISP各社の対応状況と案内用Webページへのリンクが紹介されている。現時点ではトラブルは報告されていないというが、障害の可能性が疑われる場合はこうした情報が参考になる。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。