Linux仮想マシンやVHDの動作も可能に

Windows Azureが機能強化、IaaSや仮想ネットワークを追加

2012/06/08

 マイクロソフトは6月8日、クラウドサービス「Windows Azure」の機能を大幅に強化したことを明らかにした。新たにIaaS的な機能を追加し、Windows OSだけでなく、Hyper-Vの仮想マシン上でLinuxも動作できるようになっている。また、イントラネットの延長としてWindows Azureを利用できる「仮想ネットワーク」機能も追加した。

 これまでWindows Azureでは主にPaaS的な機能を提供してきたが、今回のアップデートでは仮想マシンによるIaaS機能を追加した。Azureの仮想マシン上でWindows OSはもちろん、CentOSやOpenSUSE、UbuntuといったLinuxディストリビューションを動作させることができる。なお、Windows Azure用ゲストOSのパッケージングは、それを提供するオープンソースコミュニティに委ねることになる。

 また、手元のHyper-Vマシンで作成したVirtual Hard Disk(VHD)形式のイメージファイルをWindows Azureに移行させるといったことも可能になる。「IaaSを使うことで、既存アプリケーションを迅速にAzureのクラウド上に移行できる」(日本マイクロソフト サーバープラットフォームビジネス本部 クラウド&アプリケーションプラットフォーム製品部 部長 吉川顕太郎氏)。その逆も可能で、「ビジネス環境の変化に応じて、置き場所を柔軟に変えることができる」(同氏)。

 これら仮想マシンの操作を行う管理インターフェイスも一新。これまでのSilverlightベースのものから、HTML5ベースのインターフェイスに変更した。

 また、特にニーズが多かったという仮想ネットワーク機能の追加で、Windows Azure環境下に、指定したIPアドレスでサブネットを作成し、オンプレミスのネットワークと接続できるようになる。既存の環境の延長線上でWindows Azureを扱い、仮想的に1つのセキュアなネットワークとして利用できる。

 もう1つ主要な強化として挙げられた「Windows Azure Webサイト」は、Webアプリケーションのデプロイを容易に行えるようにする機能だ。ASP.NETやPHP、Node.jsといったフレームワークに加え、WordPressやJoomla!といったオープンソースソフトウェアの構築、展開を、手間を掛けずに行える。これにより、迅速なビジネスの立ち上げを支援する。

 仮想マシン(IaaS)や仮想ネットワークといった機能は、現在テクノロジプレビューという位置付けだ。2012年夏以降に正式版を開始する予定で、その際の料金は、仮想マシン(Sインスタンス)が1台1時間当たり、Windowsでは10.06円、それ以外のOSは7.43円となる予定(プレビュー版ではいずれも7円)。仮想ネットワークは1時間1接続当たり4.38円となる(プレビュー版では無償)。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

音声検索のランキングに影響する3つの要素――SEMrush調査
音声検索のランキングに強い影響を与えている要素についての分析です。

電通と電通デジタル、自動車販売店での試乗体験を支援する「AI試乗ソリューション」を提供
自動車販売店での試乗にAIが「同乗」。試乗に対する心理的ハードルを軽減するなどのメリ...

アジアで人気の日本のコンテンツ、マンガとアニメ以外では?――Fun Japan Communications調べ
アジア各国でも広く視聴されている日本のコンテンツ、どんなものが人気なのでしょうか。