1システムで4PBまで拡張が可能

EMCジャパン、ハイエンドストレージ「VMAX」を拡充

2012/06/11

 EMCジャパンは6月8日、5月の米ラスベガスにおけるEMC Worldにおける発表を要約して説明するとともに、その発表の1つでもあるハイエンドストレージ「EMC VMAX」の製品ラインナップ一新を発表した。VMAXで最上位モデルを追加するとともに、最下位モデルもより本格的に推進する。これにより、VMAXユーザーのすそ野が広がる点にも期待していると、EMCジャパン代表取締役社長の山野修氏は話している。

 EMCはこれまで、EMC VMAXファミリとして、「VMAX」「VMAXe」という2つの製品を提供してきた。今回の発表では新たな最上位製品「VMAX 40K」が加わった。これまでのVMAXは「VMAX 20K」となり、「VMAXe」は「VMAX 10K」となった。機種名の「40K」「20K」「10K」は利用可能なストレージ容量を表現している(VMAX 40Kは4PB、VMAX 20Kは2PB、VMAX 10Kは1.5PB)。なお、VMAX 10Kはオープンシステムのみに対応した製品。一方、VMAX 20K,40Kはメインフレーム環境にも対応する。

emc01.jpg EMC VMAXシリーズ

 EMCジャパンでは、VMAX 40Kについて、他の競合ベンダにはないレベルの製品だと説明している。コントローラはマトリックス構成により、可用性と性能を段階的に向上できる。その意味で、VMAXはスケールアップとスケールアウトの要素を持つ製品だ。

 最大で192コアのCPUを搭載できる。キャッシュは2TB搭載可能。ドライブは、3.5インチドライブの場合、2400台まで構成できる。VMAX 40Kでは、新たに、2.5インチドライブをサポート、3200台まで構成できるようにした。この2.5インチドライブを使った高密度実装により、3.5インチの場合の最大構成と比べると、設置領域は33%減、総重量は35%減、消費電力は27%減が実現するという。また、VMAX 40Kでは、SSDの利用にも新たな選択肢が加わった。VMAXでサポートされている3.5インチSLCに加え、上記の高密度実装オプションでは2.5インチのMLCを利用でき、コスト効率を向上できるという。

 VMAXシリーズのストレージOSは、新バージョン「Enginuity 5876」が提供される。この新バージョンで目立つ新機能は、「Federated Tiered Storage」。これはVMAXの下に他のストレージを接続して管理を統合できる機能だ。シンプロビジョニングを適用できるほか、自動階層管理機能「FAST VP」を他のストレージにも適用できる。チェックサムにより、他のストレージに保存するデータの一貫性を確保できる。さらに管理面では、新たに「Unisphere for VMAX」が提供される。VNXなどと同一のグラフィカルなインターフェイスで、VMAXも管理できるようになった。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...

コンテンツサプライチェーンはどう作る? 本社主導でも現場主導でもない新しい仕組みの整え方
「デジタルプレゼンスの再考」をテーマに各界の識者に話を聞くこの連載。最終回となる今...