業務継続や災害対策をより簡単に実現

CAがレプリケーション製品の新版、クラウドへのデータ複製を容易に

2012/08/09

 CA Technologiesは8月9日、データレプリケーションソフトウェアの最新版「CA ARCserve Replication r16 SP2」を発表した。レプリケーションに加え、切り替え機能を提供して災害時の事業継続を支援する「CA ARCserve High Availability」の最新版も同時にリリースする。

 CA ARCserve Replicationは、本番サーバで更新されるデータを、ほかのサーバにほぼリアルタイムに複製するレプリケーション機能を提供する。ハードウェアに障害などが発生しても、リストア作業を行うことなくすぐに複製先のデータを利用できるため、業務継続や災害対策に有効だ。また、データの差分のみを転送するため、低帯域な回線にも負荷を与えることなく利用できる。新バージョンでは、クラウドや遠隔地へのレプリケーションをスムーズに、より手軽に行えるような機能を追加した。

 まず、ネットワークアドレス変換(NAT)に対応した。別途VPNなどを用意しなくとも、NAT環境下にあるサーバとインターネット上のサーバ(クラウド上のサーバ)との間で相互にレプリケーションを行うことができるようになる。

 また、アクセス権の設定を簡素化するため、Active Directoryドメインに参加していないワークグループのサーバ間でも、ファイルやフォルダへのACLを複製できるようにした。これにより、複製先であらためてアクセス権を設定する必要がなくなり、災害対策や冗長化をより容易に行えるようになる。

 さらに、データレプリケーション時の帯域制御機能も強化し、時間帯だけでなく曜日指定も可能とした。これにより、「平日の業務時間中は転送量を抑え、ユーザーがいない週末は帯域制御を行わない」といったきめ細かな設定を行い、さらに効率的にネットワークを利用できるようにした。

ca01.jpg 帯域制御機能を強化し、曜日を指定できるようにした

 価格は、CA ARCserve Replication r16 SP2が9万8000円から、CA ARCserve High Availability r16 SP2は年間メンテナンス込みで22万8000円から。8月22日から出荷を開始する。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。