jQueryやjQueryMobile、PhoneGapを統合

エンバカデロが「HTML5 Builder」発表、Webやスマホ向けアプリ開発を支援

2012/09/04

 エンバカデロ・テクノロジーズは9月4日、Webやモバイル向けのビジュアル開発ツール「HTML5 Builder」を発表し、同日から出荷を開始した。

 HTML5 Builderは、PHPによるWebアプリケーション開発ツール「RadPHP」の後継製品だ。jQuery、jQueryMobileならびにPhoneGapを統合したモバイル向け開発環境を提供し、単一のHTML5/CSS3/JavaScriptコードベースから、iOSやAndroid、BlackBerry、Windows Phone 7といった複数のモバイルOSやWebブラウザ向けのアプリを開発できる。OSや画面サイズなどが異なる複数のスマートフォンやタブレット向けに、それぞれ個別に開発を行う必要はない。

 HTML5 Builderでは、スタンドアロン型のクライアントアプリケーションとWebを活用した多層アプリケーション、いずれも構築可能だ。Webアプリやモバイルアプリのフロントエンドとバックエンド、双方の開発を1つの開発環境でサポートできる。単体での価格は3万円から。

 エンバカデロは同時に、既存のWindowsプラットフォームだけでなく、Windows 8やMac OS XMountain Lionに対応したビジュアル開発ツール「Delphi XE3」と「C++Builder XE3」もリリースしている。いずれもWindows 8のMetro UI風アプリケーションの開発をサポートしているほか、単一のコードベースから、WindowsとMacの双方で動作するネイティブアプリケーションを開発できることが特徴だ。価格は、Delphi XE3、C++Builder XE3ともにStarterエディションが1万8000円から。両製品とHTML5 Builder、Prism XE3を含む「Embarcadero RAD Studio XE3」は14万8000円から。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...