イベント招待やアプリに関するお知らせなどに利用可能

Facebook、「Notifications API」のβ版公開

2012/09/04

 米Facebookは8月31日、開発者が自分のアプリのユーザーにショートメッセージを送信できる「Notifications API」のβ版を公開した。

 Facebookの開発者ブログによると、同APIは開発者からユーザーに宛てて、大切なイベントや友人からの招待状、アプリに関するお知らせなどを通知する目的で利用できる。

 開発者がユーザーにメッセージを送るに当たって追加のパーミッションを取得する必要はない。一方、ユーザー側ではアプリからの通知を何通か受け取った後に、受信を拒否したいかどうか尋ねる画面が表示され、拒否または許可の選択が可能。オプトアウトの選択はいつでもできる。

 テストの結果、アプリから質の高い通知を受け取ったユーザーはクリックスルー率が5〜10倍になる半面、質の低い通知を送られたユーザーは通知機能を無効にしてしまう傾向があることが判明したという。

 利用状況解析ツールの「Insights」にはNotificationsダッシュボードが新設され、Notifications APIを使って送信された通知に対する反応を把握できる。通知を拒否される率が突出して高いアプリはスパムとみなされ、無効にされる可能性もあるという。Facebookでは、Insightsで傾向を把握して、適切で役に立つ通知を送るよう心掛けてほしいと呼びかけている。

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

Smart & Social フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...