Linuxディストリビュータもクラウド事業者も

OpenStackディストリビューション、相次ぐリリース

2012/09/05

 オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」を取り込んだディストリビューションリリースの動きが活発化してきた。

 米Red Hatは米国時間の8月13日に、「Red Hat OpenStackディストリビューション」のパブリックプレビュー版を公開した。Red Hat Enterprise Linux 6.3上で、2012年4月にリリースされたOpenStack Essexリリースが動作する。いずれ次期バージョンのOpenStack Folsomリリースが公開されれば追随する予定という。

 Red Hatは、これまでの経験を生かし、Red Hat OpenStackディストリビューションによってエンタープライズクラスのクラウド基盤を提供できるとし、2013年の早い時期に正式リリースを見込んでいる。将来的には、Rackspaceなどのパートナーと協力し、Red Hat OpenStackベースのクラウドも提供する予定という。

 一方Attachmate GroupのSUSEも8月29日、SUSE Linux EnterpriseとOpenStackをベースとしたディストリビューション「SUSE Cloud」をリリースした。同じくOpenStack Essexリリースを採用しており、今後のバージョンにも追随予定だ。

 SUSE Cloudでは、OpenStackを管理ツールの「SUSE Manager」やイメージ構築ツールの「SUSE Studio」と組み合わせることにより、ワークロードの監視、分散や迅速なプロビジョニングなどが可能という。また、オープンソースのクラウド向けデプロイツール「Crowbar」も含んでおり、導入、管理作業を自動化できる点も特徴という。

 ほかに、NASAとともにOpenStackプロジェクトを立ち上げた米Rackspace自身が、プライベートクラウド環境を簡単に構築、テストできる「Rackspace Private Cloud」を公開。Piston Cloud Computingも、OpenStackをベースとした「Airframe」を9月4日から公開した。Airframeは、企業向けクラウド管理ツール「Piston Enterprise OpenStack」の機能を簡素化した無償版だ。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...

国内企業における新型コロナウイルスの影響 大企業の3割が「すでに影響が出ている」――東京商工リサーチ調査
国内企業に新型コロナウイルスの影響を聞いています。