開発者の対応期限は2013年3月に

Twitter API v1.1リリース、利用条件厳格化

2012/09/06

 米Twitterは9月5日、Twitter APIの新バージョンとなる「Twitter API v1.1」をリリースした。併せて利用上のルールを定めた「Developer Rules of the Road」を改訂し、規定を厳格化している。

 バージョン1.1ではTwitter APIの悪用を防ぐ目的で、すべてのAPIエンドポイントについてOAuthによる認証を義務付けた。1.1のリリースと同時に1.0は廃止されることになり、開発者は2013年3月までにアプリケーションを1.1に移行させる必要がある。

 Developer Rules of the Roadの改訂では、開発者が順守すべき項目を定めた「Display Guidelines(ディスプレイ指針)」が「Display Requirements(ディスプレイ条件)」という文言に変更され、順守が義務付けられた。この規定を守らない場合はアプリケーションキーを無効にすることもあり得ると忠告している。

 Twitterはこれに伴い、これまでのウィジェットの代わりとして、「埋め込みタイムライン」(Embedded Timelines)も発表した。この埋め込みタイムラインを利用すれば、Twitterが規定した通りの方法で、Webサイトにタイムラインを埋め込むことができるとしている。

 携帯端末やSIMカード、チップセットなどのコンシューマ端末にプリインストールされたクライアントアプリケーションについては、Twitterの認定を取得することを義務付けた。

 また、アプリケーションが必要とするユーザートークンが10万を超す場合は許可が必要になると規定した。ただし、これについては先の予告に多くのフィードバックが寄せられたことを受け、「10万というユーザートークンの制限は、中核的なTwitterの体験を再現しているごく少数のクライアントのみに適用される」と述べ、他の大部分のアプリケーションはこの限りではないと説明している。

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

Smart & Social フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...