IDCフロンティアと協力して提供

ヤフーが企業向けクラウドストレージ開始、NoSQLのDBサービスも予定

2012/09/07

 ヤフーは9月6日、IDCフロンティアと協力し、企業向けクラウドストレージサービス「Yahoo!クラウド ストレージ」の提供を開始した。データのバックアップや災害対策、コンテンツ配信といった用途に利用可能という。

 Yahoo!クラウド ストレージは、ヤフーのインフラ環境を用いたストレージサービス。画像やドキュメント、動画ファイルなど、オブジェクト形式のデータを保存できる。1ファイル当たりのサイズ上限は5GBだが、利用可能な容量は無制限だ。さらに、標準でCDN(Contents Delivery Network)機能も提供するため、バップアップ用途だけでなく、電子書籍や画像の配信サービスなどにも利用できるという。

 クラウドストレージAPIはAmazon S3互換相当のものを提供する。管理用コントロールパネルを用意するほか、REST API経由での制御も可能だ。価格は、ストレージ利用料が1GB当たり10円。ネットワーク転送料(ダウンロード時)は、1GB当たり15.75円となる。

 ヤフーとIDCフロンティアは第2弾として、NoSQL型の大規模データベースサービスの提供も予定している。IDCフロンティアが出資している米Bashoの分散型データベース/クラウドストレージ技術「Riak」を利用したものになるという。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...