JSONのネイティブサポートやNoSQLライクな拡張も

「PostgreSQL 9.2」リリース、大幅な性能アップを実現

2012/09/11

 オープンソースデータベースPostgreSQLの開発グループは9月10日、最新バージョン「PostgreSQL 9.2」のリリースを発表した。パフォーマンス、スケーラビリティ、柔軟性の大幅な向上を実現したとしている。

 発表によると、PostgreSQL 9.2ではJSONをネイティブサポートし、インデックスやレプリケーションの機能を強化。64コアまでのリニアスケーラビリティ、Index-onlyスキャン、CPU消費電力削減などを実現した。

 スケーラビリティの向上によって大型サーバのハードウェアリソースを効率的に活用できるようになり、ロック管理やIndex-onlyアクセスなどの性能改善では、データベースエンジンでさらに大量の処理を行うことが可能になった。

 具体的には、最大で毎秒35万件のリードクエリ(従来の4倍強)、データウェアハウスクエリのIndex-onlyスキャン(同2〜20倍)、最大で毎秒1万4000件のデータ書き込み(同5倍)に対応している。

 また、カスケーディング・レプリケーションが加わったことにより、水平方向の拡張性が強化された。

 柔軟性の面ではJSONとRange Typesがサポートされ、クエリ結果はJSONのデータ形式で取得できるようになった。「PL/V8 Javascript」や「PL/Coffee」データベースプログラミング拡張機能を組み合わせると、PostgreSQLを「NoSQL」データベースのような形で利用することも可能だとしている。

 Range Typesのサポートでは、カレンダーアプリや会計アプリなどの開発を支援。主要SQLデータベースでこの機能をサポートしているものはほかにないとしている。

関連リンク

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

Database Expert フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

元フェイスブックジャパン代表の「次の一手」はなぜクラフトビールのD2Cなのか
フェイスブックジャパン代表取締役を退任し、日本のモノ作りを体現するブランド群を作ろ...

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。