JSONのネイティブサポートやNoSQLライクな拡張も

「PostgreSQL 9.2」リリース、大幅な性能アップを実現

2012/09/11

 オープンソースデータベースPostgreSQLの開発グループは9月10日、最新バージョン「PostgreSQL 9.2」のリリースを発表した。パフォーマンス、スケーラビリティ、柔軟性の大幅な向上を実現したとしている。

 発表によると、PostgreSQL 9.2ではJSONをネイティブサポートし、インデックスやレプリケーションの機能を強化。64コアまでのリニアスケーラビリティ、Index-onlyスキャン、CPU消費電力削減などを実現した。

 スケーラビリティの向上によって大型サーバのハードウェアリソースを効率的に活用できるようになり、ロック管理やIndex-onlyアクセスなどの性能改善では、データベースエンジンでさらに大量の処理を行うことが可能になった。

 具体的には、最大で毎秒35万件のリードクエリ(従来の4倍強)、データウェアハウスクエリのIndex-onlyスキャン(同2〜20倍)、最大で毎秒1万4000件のデータ書き込み(同5倍)に対応している。

 また、カスケーディング・レプリケーションが加わったことにより、水平方向の拡張性が強化された。

 柔軟性の面ではJSONとRange Typesがサポートされ、クエリ結果はJSONのデータ形式で取得できるようになった。「PL/V8 Javascript」や「PL/Coffee」データベースプログラミング拡張機能を組み合わせると、PostgreSQLを「NoSQL」データベースのような形で利用することも可能だとしている。

 Range Typesのサポートでは、カレンダーアプリや会計アプリなどの開発を支援。主要SQLデータベースでこの機能をサポートしているものはほかにないとしている。

関連リンク

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

Database Expert フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Amazon Alexa対応新型「Fire TV Cube」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

国内スタートアップ資金調達金額、2019年1〜8月首位はフロムスクラッチ――フォースタートアップス調べ
大型資金調達に成功している国内スタートアップの現状です。

WACULとReproが協業、AIによるデータ分析でWebサイトの導線設計と接客の効果を最大化
AIによる改善提案を速やかに実装。