テナントの独立性を高め集約効率向上へ

1台のPCサーバで複数のKVMが動作、日立とレッドハットが開発

2012/09/13

 日立製作所は9月13日、レッドハットとの協力により、1台のPCサーバ上で複数のハイパーバイザを動作させる技術を開発したことを発表した。日立の統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」が搭載するサーバ論理分割機構「Virtage」上で、Red Hat Enterprise Linux標準のハイパーバイザであるKVM(RHEL KVM)が複数稼働できることを確認したという。

 最近ではTCO削減を目的に、サーバを仮想化して複数のシステムを統合する動きが加速している。しかし、1台のサーバ上に複数部門の仮想サーバが混在すると、隣接部門の負荷変動に伴って性能が低下したり、障害発生時に巻き添えを食ってしまう、あるいは部門ごとに異なるセキュリティレベルの確保が難しいといった課題があった。これらのリスクを考慮し、せっかくサーバのリソースに余裕があっても、部門間の独立性を重視し、新たなサーバを設置するケースもあったという。

 1台のPCサーバ上で複数のハイパーバイザが動作可能になったことで、各テナントの独立性が高まる。この結果、1台のサーバ上に複数のテナントをいっそう効率的に集約できることがメリットだ。

 今回の仕組み「KVM on LPAR」は、Virtageの機能を拡張し、論理的に分割したサーバ区画(LPAR)の上で複数のRHEL KVMを動作させることで実現した。物理サーバと仮想マシンの間に論理パーティションを挟み込ませることで、テナント間での性能干渉を排除しつつ、物理サーバでは難しかったきめ細かさで、RHEL KVMにリソースを割り当てることができる。これを利用して新しいクラウドサービスを提供したり、データのバックアップを行うといった活用法が考えられるという。

 日立は、KVM on LPARの動作検証や導入コンサルティングを目的とした「RHEL KVM on LPARソリューションセンター」を開設。9月14日から、「BladeSymphony」のハイエンドモデル「BS2000」の標準サーバブレードに、RHEL KVMの動作認証取得版のVirtageを搭載し、販売を開始する。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

電話サポートの保留音、世界の主流はクラシック――Genesys調査
13カ国で実施した電話サポートの保留音に関する調査結果です。

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...