Pythonアプリのデベロッパに強く「オススメ」

Google API向けの「Python Client Library」が安定版に

2012/09/14

 米Googleは9月13日、Google API向けの「Python Client Library」がβ版から安定版になったと発表した。

 Python Client Libraryは、Google APIを使ったPythonアプリケーションを開発しているデベロッパ向けのライブラリ。新たにOAuth 2.0のサービスアカウントをサポートしたほか、メディアリソースのアップロード、バッチリクエスト、非同期リクエスト、フィードページングなどの機能が加わった。

 Googleでは、RESTful Google APIの呼び出しと返ってきたデータの取得がシンプルになること、コードを書き足すことなくOAuth 2.0認証プロトコルとエラーの処理ができることを挙げ、Pythonアプリケーションのデベロッパに同ライブラリの利用を強く推奨している。

関連リンク

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。