ヤマハやネットギアのルータからもVPCへのVPN接続が可能に

Amazon VPCにVPN接続のオプション追加

2012/09/19

 Amazon Web Servicesは9月17日、Amazon Virtual Private Cloud(VPC)に新機能を追加し、BGPをサポートしないエントリモデルのルータでもVPCにVPN接続できるようになったと発表した。

 Amazon VPCは、AWS Cloudにプライベートな独立したセクションを作成できるサービス。各VPCごとにサブネットの作成、ルートテーブル、既存のネットワークとインターネットへのゲートウェイ設定などが行える。これまでVPCには、BGPによる動的ルーティングを用いてIPsec VPNで接続する必要があったが、柔軟性を高める目的で、新たに2つの新機能を追加した。

 1つはスタティックルーティングを利用してVPCにIPSec VPNで接続できるオプション。これにより、Cisco ASAやMicrosoft Windows Server 2008 R2、あるいはヤマハやネットギア製のルータなど、BGPをサポートしていないネットワーク機器やソフトウェアを使ってVPN接続を確立できる。Linuxを使ってのVPN接続も可能だ。

 もう1つの新機能として、VPCのルートテーブルにVPNとDirect Connectリンクからのルートを自動伝搬する設定が可能になった。これを使えばVPCルートテーブル内にVPN接続のための静的ルートエントリを作成する手間が不要になるという。

 ただ、自分が使っているVPN機器がBGPに対応している場合は、IPsecトンネル上で確実な生存チェックができるという理由から、BGPを利用する方が望ましいとしている。

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Web予約派が7割 公共交通機関のチケットや宿泊先手配――リサーチ・アンド・ディベロプメント調べ
年末年始の交通機関・宿泊予約についての調査です。

TwitterがキラキラしたInstagramよりも美容の情報源として有益かもしれないと考えられる理由
美容に関する女子のネタ元はインフルエンサーのまぶしい投稿満載なInstagramのみにあらず...

ワークプレース変革は年間収益16%増と運用コスト13%の削減を実現――アバナード調査
世界1300人以上の意思決定者を対象にした調査より、顧客と従業員の体験を全体として改善...